シンギュラリティ

様々な分野で人工知能(AI)が発達するに従って、このシンギュラリティという言葉が囁かれるようになりました。科学技術の進歩は人間にとって、決してよいことばかりという訳でもないのです。

シンギュラリティの意味とは

シンギュラリティとは、科学技術の進歩により、人工知能が完全に人間を上回ってしまうこと、もしくは、それが起こった時という意味で使います。確かに、ここ数年のIT分野での人工知能の進歩はすさまじく、既にコンピュータソフトが人間の実力を上回っていたチェスだけでなく、それ以上に専門の知能を必要とする囲碁や将棋まで、もう人間では勝てなくなってしまいました。

このままのペースで進歩が続けば、そのうち人間の知能を完全に上回り、人間に成り代わって主役の座に躍り出るのではないかと予想されているのです。そんなことが起こり、人工知能が統率する機械の軍団と人類と戦争になるという有名な映画がありますが、あのような話も、あながちフィクションではないかも知れません。

シンギュラリティの由来

シンギュラリティの由来は、人間の知能と人工知能の技術的なものが入れ替わる特異点という意味の”Technological Singularity”(テクノロジカル・シンギュラリティ)からきています。日本語では、「技術的特異点」と表現します。
これが略されて、後のシンギュラリティだけで呼ばれている訳ですが、英語でこのSingularityだけだと、単に特異点という意味にしかならないので注意してください。

シンギュラリティの文章・例文

例文1.まだまだシンギュラリティが起こるほど人工知能は発達していない
例文2.シンギュラリティは遠い未来の話ではない気がする
例文3.シンギュラリティを気にして進歩を止めてしまっては、人類の発展もそこまでだと思う
例文4.確かに人工知能はすごい進歩を続けているが、シンギュラリティは考え過ぎではないか?
例文5.実際にシンギュラリティが起こった未来を見てみたいものだ
人工知能の世界的権威であるカーツワイル博士によると、このシンギュラリティは2045年に起こると言われています。
ある有名な1950年代の漫画では、2003年に人間と見分けのつかないほどのロボットが登場しています。そして、前述の映画(1985年公開)は、2029年に同様のサイボーグが製造され、人類の驚異となるという話です。もちろんそれぞれ、その時点から遠い未来を想像したフィクションに過ぎませんが、現実にそんなことが起きてもおかしくないところまで、人工知能は発達してきているのです。

シンギュラリティの類義語

シンギュラリティの類義語は、「過渡期」だと言えるでしょう。この過渡期は、古い体制から新しい体制に変わった時期、革新的な変化があった時期を指す言葉で、もしシンギュラリティが行った際には、それこそ人類から人工知能へ主役の座が変わった過渡期だと言うことができます。
ただ、この過渡期は様々なことに対して使える言葉なので、関連語ではありますが、完全な類義語という訳ではありません。

シンギュラリティまとめ

シンギュラリティについては、本当に起こるのか、そんな日が来るのかという疑念が尽きませんが、この言葉とその意味は、知っておいて損はないでしょう。

この記事を読んでいる人に人気の記事