シュラスコ

「シュラスコ」とは「南米地域の国々で食べられているバーベキュー」を指す言葉です。日本では、焼き肉の食べ放題、お寿司の食べ放題、様々な食べ放題がある中で、炭火で焼かれた串肉を好きなだけ食べられるお店として最近シュラスコも人気が出て来ています。今回はブラジルで発祥し、日本でも人気となっている肉料理の「シュラスコ」について解説を行います。

[adstext]
[ads]

シュラスコの意味とは

「シュラスコ」とは「南米地域の国々で食べられているバーベキュー料理」のことを指します。牛肉や豚肉など、肉の塊を串に刺して、炭火でじっくりと焼いた後に、岩塩やソースで食べる料理です。一般家庭では普通のバーベキューのようにして食べますが、レストランでは違います。お客はテーブルに着席した状態で、ウェイターは焼かれた肉を串に刺した状態でテーブルに持ってきます。そして持ってこられた串肉を食べたかったら、その場でカットしてもらい、岩塩やソースなど好みで食べます。持ってこられる肉は様々な種類があり、好きなだけ食べられるため、人気となっています。

シュラスコの由来

「シュラスコ」とは「バーベキュー」を意味を指し、共に有名な「ケバブ」は「焼く」という言葉を指します。ケバブは垂直に刺された串に薄切り肉を何枚も重ねてじっくりと焼いていきます。ですがシュラスコは、肉の塊をそのまま串にさして、炭火でバーべーキューのように焼きます。ブラジルの一般家庭では、串に刺した肉を金網に乗せて炭火で焼き、フランスパンなどのパンに挟んで、食べる食べ方が一般的です。ブラジルのレストランでは、串に刺して焼いた肉を客先にウェイターが持ってきて、食べる分だけスライスをしてソースをかけて食べます。これは日本でも同じで、日本で提供されているシュラスコのお店もテーブルまで肉を持って来てもらえ、欲しい分だけ食べることができます。シュラスコは17世紀に歴史が始まったとされています。ブラジルに様々な商品を運んでいた商人が、荷物を運んでいる家畜を火であぶって食べるようになったことが始まりとされています。

シュラスコの文章・例文

例文1.このお店のシュラスコは種類が多くて、食べ比べができるため人気がある。
例文2.シュラスコはコスパがいい。
例文3.週末だしがっつりとシュラスコ食べに行こう!
例文4.お腹いっぱいだが、せっかくのシュラスコなので少し無理してでもたくさん食べる。
例文5.家で行うシュラスコもまたおいしい。
様々な「シュラスコ」についての例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

シュラスコの会話例

  • 質問者アイコン

    何か変わったお店でランチしたいな。

  • 回答者アイコン

    じゃあいいお店知ってるよ。シュラスコって言って、ウェイターさんがお肉持って来て好きなだけ食べられるんだって。

  • 質問者アイコン

    美味しそう!興味あるし行ってみよ!

  • 回答者アイコン

    しっかりと入るように胃の中空っぽにしとかないとね!

ランチにシュラスコに行こうとしている二人の会話。

シュラスコの類義語

「シュラスコ」の類義語には、「バーベキュー」「ブラジルバーベキュー」などの言葉が挙げられます。

シュラスコの対義語

「シュラスコ」の対義語は存在しませんが、似た意味だと「生食」などの言葉が挙げられます。

シュラスコまとめ

今回は「シュラスコ」について解説しました。串に刺された肉をもったウェイターがテーブルに回ってきて、好きなだけカットしてもらえる形式のレストランとして有名になっています。ブラジルの一般家庭では普通のバーベキューとして炭火で焼いたものを、少し硬めのパンにはさんで食べるという食べ方もあります。日本にあるシュラスコのお店では、肉だけでなくサラダバーがついているお店も存在します。お肉が食べたいと感じた方がいらっしゃたら「シュラスコ」を食べに行ってもいいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事