ピンクのシクラメンの鉢を持つ女性

シクラメン(cyclamen)

「シクラメン」は花びらが反り返ったような形が特徴の花で、その個性的ながら美しい見た目で非常に人気があります。そのように人気が高いことから「冬の鉢花の女王」とも言われこともある程で、毎年その時期になると部屋に飾って楽のしむという人もいるようです。そこで今回はこの有名な「シクラメン」について、花言葉や花名の意味などをご紹介したいと思います。

シクラメンの意味とは

シクラメン全般には「遠慮・気後れ・内気・はにかみ」などの花言葉があります。色別では、赤が「嫉妬」、白が「清純」、ピンクが「憧れ・内気・はにかみ」といった意味を持つそうです。
英語での花言葉には「timid hope(遠慮がちな期待)」「shyness(内気・はにかみ)」「resignation and good-bye(退職と別れの言葉)」などがあるそうです。

シクラメンの由来

遠慮・気後れ・内気・はにかみ」といった花言葉の由来は、雨などから花粉を守るために下を向いて咲く姿が、まるで恥じらっているように見えるということにちなみます。
また、赤いシクラメンの花言葉の「嫉妬」は、そり返った赤い花びらが炎のように見えることから、燃える嫉妬心が連想されるということに由来すると言われています。

シクラメンの文章・例文

例文1.シクラメンの花の、控えめに咲く姿が健気で可愛らしい
例文2.冬になると母が必ずシクラメンの鉢を買ってくる
例文3.ピンク・白・赤など、シクラメンの花は多彩で美しい
例文4.シクラメンは花の少ない冬に咲く代表的な花だ
例文5.花屋の店頭でも、冬なるとシクラメンが並び季節の到来を感じさせてくれる
シクラメンは日本の花屋さんでもよく見かける、割と有名な冬の象徴のような花です。

シクラメンの会話例

  • 質問者アイコン

    花屋さんにシクラメンが並び始めたね。

  • 回答者アイコン

    冬が来たって感じがするね。あの鮮やかだけど控えめに咲く姿がなんとも可愛いらしいよね。

  • 質問者アイコン

    その姿から「遠慮」とか「はにかみ」っていう花言葉がついたんだって。

  • 回答者アイコン

    そうなんだ、シクラメンの雰囲気にぴったりだね!

日本でも一般的に知られた有名な花なので、冬になると日常会話でこのような話題が出ることもあるかもしれません。

シクラメンの類義語

別名で「篝火花(かがりびばな)」や「豚の饅頭(ぶたのまんじゅう)」と呼ばれることもあるようです。なぜ「豚の饅頭」というかというと、もともと英名では、放し飼いのブタがシクラメンの球根を食べてしまうことから「sow bread(雌豚のパン)」と呼ばれており、それを直訳したところそのような名前になりました。ですので「篝火花」は花びらを見て、「豚の饅頭」は球根を見て名付けられた名前だそうです。

シクラメンまとめ

今回は「シクラメン」をご紹介しましたが、いかがでしたか?見た目に合った花言葉に納得した方もいれば、ヘンテコな別名に驚いた方もいるかもしれません。冬の象徴とも言える美しい花ですので、ぜひ名前や花言葉を覚えて話題に出してみてください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事