サービス残業で縛られる

サービス残業(さーびすざんぎょう)

社会人になると、サービス残業という言葉をよく使います。しかし、ワークライフバランスにおいてはサービス残業は大きな足枷になっている事も事実です。このサービス残業の意味と使い方を例文や類義語を交えて解説して行きます。

サービス残業の意味とは

残業には残業代が出るはずなのですが、それを無料で残業でする事です。これは社会的にも問題になっています。基本は違法です。法律によって残業代を払う事は決められています。それを払わない会社が近年増えてきており、労働者にとっては大きな精神的・肉体的な負担があります。

サービス残業の由来

簡単にいいますと無料の残業の事いいます。サービスという言葉は奉仕という意味ですが、自分の気持ちに反してサービス残業をさせられる事です。略してサビ残と言われています。

サービス残業の文章・例文

例文1.
例文2.サービス残業を無くす為にはどうしたらいいか
例文3.明らかな違法のサービス残業
例文4.働けば働くほどに損をするサービス残業
例文5.悪質なサービス残業で疲れてしまった
会社によっては悪質なサービス残業などで体を壊してしまう人もいるくらいです。本当に無理だと思ったら上司に相談するなどするのがいいです。それでも解決しない時は労働組合などに連絡して自分の身を守る事が必要です。サービス残業は違法なのですから。

サービス残業の類義語

サービス残業の類義語としては、ブラックパート=パートタイム労働者に、雇用形態を無視するような労働をさせる事を意味します。
また関連語としては「ブラック企業」や「ワークライフバランス」が挙げられます。

サービス残業まとめ

サービス残業というのは、言葉をそのまま訳すると奉仕の残業という意味ですが、実際は無料で働かされて残業代も出ない事です。法律的にも、サービス残業は本来残業代を出すのは当たりまえの事ですがそれを無視して残業させます。もし現在の職場であまりにもサービス残業が多い時は違法であるので無理にする必要は無いという事を頭にいれて上に意見を言うのも必要です。休日労働や、深夜労働も同じで、割増の賃金を払わないといけませんので今一度自分の状況がどのような状況か調べるのもいいかも知れません。

今ではこのようなサービス残業を強制的にさせたり、無理なシフトを入れて辞めたくなるような状況を作り上げる会社もありますので注意が必要です。サービス残業を回避する方法としましては、会社の流れに流されない事です。周りがみんな文句も言わないでしているからと言って自分もしなくてはいけないという事は無いです。大事なのは自分を見失わないでサービス残業があるという現実を客観的に見る事が必要です。今ではブラックパートと言って、社員だけではなくパートさんにまでサービス残業させる所もあります。
一度サービス残業してしまうと、同じように何回もお願いされてしまうので、断れる時はきちんと断った方がいいです。サービス残業したとしても、会社に認められる訳でもなく、ただ単に空いている時間を無駄に会社で仕事しているだけですので、メリットは一つもありません。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事