サーキュラーエコノミー(Circular Economy)

「サーキュラーエコノミー」とは「大量生産や大量消費から脱却し、環境に配慮した循環型経済を目指す考えやシステム」です。温暖化問題が叫ばれて何十年と経過して、ようやく最近は少しずつ人々や企業の意識が変わりつつあります。本格的に環境を良くしようと、プラスチック廃止に動いたり、そもそも廃棄物を出さないような製品を作るようになっているのです。このような循環型の経済を目指す「サーキュラーエコノミー」の解説となります。

[adstext]
[ads]

サーキュラーエコノミーの意味とは

「サーキュラーエコノミー」の意味は以下の通りとなります。
(1)従来の製造から廃棄に至るビジネスモデルに代わる循環型経済を目指す経済システム。
(2)環境問題に配慮し脱炭素社会を目指すべく誕生した資源を循環させる経済活動。
”サーキュラー”は「円形」「扇形」「循環」「巡回」など、”エコノミー”は「経済」「節約」「倹約」「経済活動」などで、直訳すると「循環経済」や「循環型の経済活動」となるのが「サーキュラーエコノミー」です。昨今の環境問題に配慮した経済活動として注目のビジネス用語で、従来の大量消費・大量生産といったアメリカを中心とする資本主義の拡大路線から、エコロジーやリサイクルを考えた経済循環の社会を未来を目指す考えとなります。その一方で、実は明確な定義はなく「サーキュラーエコノミー」は様々な解釈が可能であり、正確な意味もありませんが、ニュアンスとしても主に上記のような環境に配慮した経済システムやそんな社会を実現する試みです。例えば、地域のゴミ分別やリサイクル、コンビニなどのレジ袋禁止にプラスチック容器からの切り替え、大手アパレル業界の衣類回収サービス、将来的なガソリン車販売禁止などが「サーキュラーエコノミー」としての事例で、年々このような環境に配慮した意識が高まっているので、企業としても積極的に参加をしないと取り残されるだけでなく、消費者から環境に配慮していないと不買運動などを展開される恐れもあるのです。以前にも似たような環境を配慮した経済活動として「リニアエコノミー」や「リサイクリングエコノミー」がありましたが、これらは”廃棄物”が出る前提でした。しかし、今回の「サーキュラーエコノミー」は”循環”をキーワードにしているので、これまでの”廃棄物”を捨てる社会ではなく、”廃棄物”も資源にして再利用するのが最大の特徴です。その為に最初から”廃棄物”を出さない製品を作ったり、或いは原料に戻したり資源にする事で、循環型の社会である「サーキュラーエコノミー」が実現していくのです。

サーキュラーエコノミーの由来

「サーキュラーエコノミー」は2015年12月に開かれた欧州委員会で採択され、世界に広まった循環型社会を目指す経済システムです。その前から環境問題に配慮した「リニアエコノミー」や「リサイクリングエコノミー」といった概念があったので、さらに環境配慮を推し進めたものとなります。

サーキュラーエコノミーの文章・例文

例文1.古くなった洋服をゴミとして捨てないでフリマアプリで売却するのも、広い意味ではサーキュラーエコノミーに違いない。
例文2.ハイブリッド車が普及するのはサーキュラーエコノミーだが、冬場の燃費悪さは何とか改善してもらいたい。
例文3.そろそろサーキュラーエコノミーに特化したアプリなどが続々と開発されると、またどこかのIT社長が大儲けしてマスコミから時代の寵児扱いされいい気になって経済や社会問題を熱く語るのだろう。
例文4.サーキュラーエコノミーに特化した環境配慮の製品が発売されるのは良い事だが、その製品を作るのは途上国の人件費が異常に安い人々で、この搾取ビジネスもこの際に環境に悪いと見直すべき時代に突入していると思う。
例文5.環境問題をサーキュラーエコノミーと洗脳のように国民に意識させ、その裏では増税や物価高で生活が苦しい国民が大勢溢れているのは蔑ろにするのは宜しくない。
経済や環境問題の視点から「サーキュラーエコノミー」を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

サーキュラーエコノミーの会話例

  • 質問者アイコン

    ちょっと待ったー。その洋服捨てるの?

  • 回答者アイコン

    もう大分着たからダメージもあるし、売ってもいくらにもならないでしょう。

  • 質問者アイコン

    それでも捨てるのは勿体ないよ。一応、フリマアプリに出品してからでも捨てるのは遅くないよ。

  • 回答者アイコン

    あなた、会社でサーキュラーエコノミーを学んでからは急に環境問題を意識するようになったわよね。以前とはまるで別人で、環境の達人ね。

環境問題を気にする夫が妻に洋服をフリマアプリで出品するように促しています。

サーキュラーエコノミーの類義語

「サーキュラーエコノミー」の類義語には、「リニアエコノミー」「リサイクリングエコノミー」「リユース」「リサイクル」「資源循環型社会」「持続可能な社会」「リサイクル社会」などの言葉が挙げられます。

サーキュラーエコノミーの対義語

「サーキュラーエコノミー」の対義語には、「大量生産」「大量消費」「大量廃棄」「使い捨て社会」などの言葉が挙げられます。

サーキュラーエコノミーまとめ

「サーキュラーエコノミー」は地球環境を配慮した廃棄物を出さない社会を実現する循環型経済活動を目指す大きな取り組みです。これまでは環境問題というと一部の人達だけが活動するイメージでしたが、現在は大企業や若者などが積極的に動き、特に廃棄物を出さず資源を循環させるのが画期的で、今後の経済活動そのものを抜本的に変えるほど大きな影響を社会に与えています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事