ゴールデンウィークは旅行だ

ゴールデンウィーク(golden week)

世間では元号が令和に変わる年に、「ゴールデンウィーク」が10連休になるということで、話題になっています。数少ない超大型連休になるということですが、そもそもこの「ゴールデンウィーク」っていつからあるの?など、不透明な部分もあるので、そういった部分の解説をしていきます。 

[adstext]
[ads]

ゴールデンウィークの意味とは

ゴールデンウィークとは、4月の下旬から5月の上旬にかけて、国民の祝日が連続して発生する大型の連休期間のことです。長ければ9〜10連休、短くても5連休くらいにはなります。
ちなみに、元号の変わる2019年は土日を含めると4月27日(土)〜5月6日(月)までで最大10連休になります。

ゴールデンウィークの由来

昭和23年に祝日法が施行されたことをきっかけに、4月29日〜5月5日に祝日が集中したことから大型連休が生まれました。当時は日本語で黄金週間と呼ばれており、途中からラジオの聴取率が高い時間帯を指すゴールデンタイムになぞらえて、ゴールデンウィークと呼ばれるようになりました。

ゴールデンウィークの文章・例文

例文1.もうすぐゴールデンウィークだから楽しみで仕方がない
例文2.今度のゴールデンウィークは海外へ旅行に行こう
例文3.今年はゴールデンウィークも仕事をしなければならない
例文4.ゴールデンウィークは実家に帰ろう
例文5.今年のゴールデンウィークは10連休だ
季節的な用語ですが、実際にゴールデンウィークが近づくと、話題として数多く使われる言葉ですね。続いて、実際の会話例で用いてみます。

ゴールデンウィークの会話例

  • 質問者アイコン

    もうすぐゴールデンウィークだけど、何か予定はあるの?

  • 回答者アイコン

    せっかくの10連休だし、
    ハワイに行く予定なんだ!

  • 質問者アイコン

    羨ましいね!ゴールデンウィークでもな行けないからね。

  • 回答者アイコン

    久しぶりの海外だし、楽しんでくるよ!

ゴールデンウィークが近くなると、あちらこちらで聞くワードですね。

ゴールデンウィークの類義語

同じように、土日祭日をを含めて祭日と重なり大型の連休となる期間で「シルバーウィーク」があります。こちらは10月下旬から11月上旬にかけての連休になります。

ゴールデンウィークまとめ

1年の中でも一番まとまった休みが取れる期間であり、気候も安定しているため出かける予定を立てる人が大半かと思います。それともなって道路の混雑や公共交通機関のチケットが取れないといった事象も毎年のことなので、出かける計画は早めに立てた方がいいですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事