今日のコーデ

コーデ(coordinate)

世の中にあるものは、バランスの良さを求められるものや特徴的な部分を求められるもので溢れています。特に普段の生活の中でそれらが求められるものは多いのではないでしょうか。そういったものを作る際に「コーデ」という言葉が用いられます。ではこ「コーデ」とはどういう意味なのかについて解説をしていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

コーデの意味

コーデとは「コーディネート」の略称です。主にはファッション等の服装に関して使われるワードのため若者の間でコーディネートが略されて「コーデ」と呼ばれることが多くなりました。
世間の大半で使われているコーデの意味としては、服装やインテリアに関して色や素材などのバランスが良くなるように調和を持たせることです。それ以外にも、細かい部分を調整して全体を整えるという意味もあるので、会議や式典に対してコーディネートするというような使われ方もします。

コーデの由来

コーデは、上述したように「コーディネート(coordinate)」の略称になります。

コーデの文章・例文

例文1.今日のコーデは雑誌で研究した
例文2.普段はサーフコーデの格好をしていることが多い
例文3.雑誌のモデルみたいなコーデをしてみたいと思う
例文4.このコーデは私には似合いそうにない
例文5.みんなから良いと思われるコーデは組み合わせが難しい
コーデという単語はコーディネートから派生しているとはいえ、ファッションに関連して使われることが多いのでコーデ=ファッションの認識が強いですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

コーデの会話例

  • 質問者アイコン

    今日のファッションは少し大人っぽいコーデを意識したんだけど、どうかな?

  • 回答者アイコン

    いつもと違ってすごく良いと思う!
    大人っぽく見えるね!

  • 質問者アイコン

    このコーデなら以外に自分でもいけるんじゃないかと思って!

  • 回答者アイコン

    じゃあ他にもいろいろ試してみてね。

〇〇コーデというファッション関連して様々な呼び方があります。

コーデの類義語

コーディネートをする人を「コーディネーター」という風に呼びますね。

コーデまとめ

若者言葉として使われる「コーデ」ですが、コーディネートに含まれる意味の一つの会議や式典の内容を作る意味には使われることはほとんどありません。ただ、使っても意味が違うということはないので、「結婚式をコーデする」という使い方をしても間違いではありません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事