コンテキスト(Context)

「コンテキスト」とは「プログラム実行時の情報や条件の事で、他にもコンテキストメニューやコンテキスト化といった使われ方もするIT用語」です。専門用語には直訳した意味と、実際に使われる際の意味が乖離するケースが多々ありますが、今回の「コンテキスト」もその様な傾向が強い用語です。さらにIT用語だけでなく、他の業界でも用いられるので、それが混乱を招く要因となっています。では、主にIT業界に焦点を絞って解説をさせて頂きます。

[adstext]
[ads]

コンテキストの意味とは

「コンテキスト」の意味は以下の通りとなります。
(1)直訳すると「文脈」「前後関係」などで、IT用語としてプログラム実行に必要な情報や判断材料に条件など状況下に応じて多様な意味合いを持つ言葉。
(2)コンテキストメニュー、コンテキストスイッチといった形で様々なプログラムの実行に必要な操作の呼び名となるIT用語。
(3)「コンテクスト」も同義。
「コンテキスト」は英語表記「context」を直訳すると文脈・前後関係・脈絡・状況となり、IT以外にも建築業界などのビジネス用語としても使われます。今回はIT用語としての解説で、簡単に言えば「コンテキスト」は「データ」(情報)の事ですが、直訳の文脈や前後関係からデータの前後として「関連データ」とした方がしっくりきます。例えば、Windowsなら画面上でマウスの右クリックを押すと、「戻る・進む・再読み込み・名前を付けて保存…」などの一覧が表示され、これを「コンテキストメニュー」と言います。また、CPUが実行している処理を停止し別のものに切り替えて実行するのは「コンテキストスイッチ」となり、同じ「コンテキスト」でも結合する言葉によって違ってきます。さらには、データ同士を関連付けるのを「コンテキスト化」、市場分析などで使われる人や物にコンテキストを与えるデータが「コンテキストデータ」となります。よって、IT分野でも様々な使い方がされ、繰り返しですが簡単に一言で言えば「データ」ですが、状況によっては「データ操作」「データ入手」「データ化」となり、あまりにも抽象的で解釈に難しいのが「コンテキスト」でもあります。

コンテキストの由来

「コンテキスト」はプログラミングなどに関連させ1990年代から使われていました。しかし、当初はプログラマーなどある程度の知識を得ている人がその用途に応じて使うぐらいでしたが、2000年代に入るとIT用語や建築用語といった面も広がって、より多くの場面で使われ始めました。

コンテキストの文章・例文

例文1.コンテキストメニューにアプリを追加する方法が知りたくて、Yahoo!知恵袋に相談した。
例文2.取引先の担当者からコンテキストを読み取るように嫌味の注文をされたが、正直何のことかさっぱりでお手上げだ。
例文3.コンテキストをもう少しまとめる必要があるので、今日は残業になる。
例文4.今のままではコンテキスト生成が十分ではないので、もう少し時間が掛かると他の部署に伝えた。
例文5.他社とのコンテキスト化が実現したのは、連日の接待攻撃と賄賂が利いたからで、これが表立ってしまえば相当ヤバイが闇の中なら出世は間違いなし。
主にIT用語してビジネス現場で「コンテキスト」を用いた例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

コンテキストの会話例

  • 質問者アイコン

    ほら、そこで右クリックをして。

  • 回答者アイコン

    分かった。はい、やったよ。

  • 質問者アイコン

    するとコンテキストメニューが表示されるから、新規作成からフォルダーやテキストを作るんだよ。

  • 回答者アイコン

    ありがとう。パソコン初心者だから基本的な操作も知らないのよ。

職場での同僚男女の会話です。男性の方が得意気にパソコン操作を女性に教えています。

コンテキストの類義語

「コンテキスト」の類義語はIT用語ではありません。直訳の”文脈”では「文理」「筆路」「語脈」などの言葉が挙げられます。

コンテキストまとめ

「コンテキスト」は”文脈”などの意味合いですが、これがIT用語としてはプログラム実行時の操作や情報にデータそのものといった事を指します。実に幅広く使える「コンテキスト」は正確な解釈が難しい言葉でもあり、また建築業界や一般的なビジネス用語としても使われます。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事