コンセンサス

会社という大きな組織に属していると、時々意味の不明瞭な言葉に遭遇し、思わず戸惑ってしまうシチュエーションもあるものです。今回ご紹介するのが、コンセンサスというキーワードも間違えやすい最新ワードのひとつ。コンセンサスという言葉には、どのような意味が込められているのでしょうか。できるビジネスマンのエッセンスとして、さらなる知識を深めていきましょう。

コンセンサスの意味とは

ビジネスシーンでよく使われるコンセンサスという言葉。英語の表記では【consensus】と書きます。コンセンサスという言葉は、多くの人の意見が合う状況を指しています。反対意見よりも賛成意見の方が多いことを示しているため、満場一致で議会が採決するときにも、よく利用される言葉です。ビジネスの会議の場で用いられるほか、国会で議論がおこなわれる際に使われることもあります。

コンセンサスの由来

コンセンサスは英語から、ビジネス語に派生した言葉です。英語のコンセンサスには、一致する・合意するといった意味があるため、英語の表現が日本に輸入され、ビジネスや政治の場に広まっていったと考えるのが適切でしょう。また欧米型の企業が増えて、これまでの会議の進め方に変化があらわれてきたのも、コンセンサスという言葉が広まった背景にあります。会議でコンセンサス方式というと、参加者全員の総意にもとづいて、今後の方針が決定づけられる…というニュアンスが含まれています。

コンセンサスの文章・例文

例文1.コンセンサス方式の会議をおこなう前には、入念な下準備が必要だ
例文2.前回の社内会議で、コンセンサスをもらいました
例文3.紆余曲折があったものの、重要法案はコンセンサスされた
例文4.プレゼンでコンセンサスが取れるように、上司に相談をおこなった
例文5.会議の出席メンバーを聞いて、コンセンサスの可能性を疑った
コンセンサスという言葉には、議題に対して多くの人が賛成する・賛同するという意味があります。会議や打ち合わせの場で、スムーズなコンセンサスをおこなうためには、あらかじめ入念な根回しをしておくことも重要になります。

コンセンサスの類義語

コンセンサスの類義語としてよく使われるのが、賛成・満場一致・合意・アグリーという言葉です。どの言葉にも会議や議会に参加している人たちが、異を唱えず賛成する状態をあらわしています。命題に肯定的なムードのあるときに使われる言葉です。

コンセンサスまとめ

最近ビジネスシーンでよくもてはやされるのが、コンセンサスという言葉です。コンセンサスという言葉には、多くの立場の人が同意する・賛成するという状況が込められています。難しい議題を満場一致で迎えるためには、会議やミーティング前の事前の根回し・下準備が必要になります。重要な会議をおこなうときには、あらかじめ多くの人と入念な打ち合わせをおこなっておき、参加者同士の意思疎通を深めておくことが求められます。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事