コンサバ(Conservativism、Conservative)

「コンサバ」はファッション用語として、一時代を築いたものです。現在も有名ですが、そもそもは保守系という意味で、ファッションとは無関係なのですが、日本ではコンサバ=ファッションとして定着しています。この辺りの関係性は少し謎ではあるので、時代背景も含めた解説となります。

[adstext]
[ads]

コンサバの意味とは

「コンサバ」の意味は以下の通りとなります。
 (1)保守を意味する「Conservative」や保守主義「Conservativism」を略したもの。
 (2)保守的な思想、考え、スタイルや洋服などおしゃれを「コンサバスタイル」や「コンサバファッション」と呼ぶようになり、「コンサバスタイル」は時代経過で消えたが、「コンサバファッション」は残り、いつしかそれらも含めて「コンサバ」と一括りで呼ぶようになり、一般的にはファッションに対して「コンサバ」となる。
 (3)保守的という意味なので、大人の女性らしい伝統的なファッション、または上品でハイブランドのファッションとなります。学生や若い女性が好むギャル系とは正反対のファッションで、黒や白、紺などの色合いを好みます。最近は男性の服装にも「コンサバ」と使われ、女性同様に上品でスーツなどを上着にパンツ、革靴などであしらい、色使いも黒や白や紺となります。

保守を意味する「Conservative」や「Conservativism」を略して、「コンサバ」と読む事からお気付きでしょうが、これは日本だけの和製英語になります。ですから、海外では「コンサバ」はファッションや保守では通じません。それを踏まえ、「コンサバ」の元が日本に最初に定着したのは1970年頃です。その頃からファッションとして若い女性に支持され、その後は流行廃りもありますが、元々が定番ファッションや伝統ファッションとなり、また当時ブームだった女性達が大人になったので、長期的に日本で支持されるファッションとなりました。

コンサバの由来

ファッションとしての「コンサバ」は、その最初の定義で少し意見も分かれますが、元となるのは1970年頃の兵庫県神戸市で流行った”ニュートラディショナル”(ニュートラ)とされます。これは若い女性向けのファッションだが、当時もお嬢様の街として特別視されていたので、上品な女性らしいと人気になりました。これに目を付けたファッション誌「an・an」(アンアン)が、「ニュートラ」と呼び紹介した事で、全国的に飛び火して一躍大ブームに発展しました。その後、1980年代になると、さらにお嬢様らしく長い黒髪や肩パットなどのファッションが「コンサバファッション」や「コンサバ」と呼ばれ、現在にも定番ファッションとして定着しました。厳密には、その時代に応じてファッションスタイルは変化していますが、どの時代でも大人の女性が好む伝統的な服装で、色使いも赤や黄色など派手な原色はなく、黒や紺や白と決まっています。さらに、男性ファッションにも「コンサバ」と呼ぶのが当たり前になり、上品で大人っぽく見えるなら何でもありと言えなくもないです。

コンサバの文章・例文

例文1.田舎から大学入学で上京し、コンサバスタイルを導入するようになった。
例文2.コンサバを目指すならユニクロなどファストファッション店でも十分だ。
例文3.男女共にコンサバの方が、お互いにウケが良くてモテやすい。
例文4.顔が悪くても、コンサバの洋服を身に着けると良く見えてしまうから不思議だ。
例文5.コンサバは保守的を意味するが、コンサバな服装な人ほど遊び人であるのも事実である。

「コンサバ」は現在ではファッションを意味するので、そう解釈しての例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

コンサバの会話例

  • 質問者アイコン

    就職を控えているから、コンサバなスーツスタイルにしたんだね。似合っているよ!

  • 回答者アイコン

    今まではずっと派手な服装ばかりだったけど、これからは大人の女性に変身よ。どう、いいでしょう?

  • 質問者アイコン

    数日前まで金髪だったとは、とても思えない清楚ぶりだよ。

  • 回答者アイコン

    そうでしょう。これで合コンに行って、イケメン実業家と玉の輿をして、将来は安泰だよね。

「コンサバ」な服装に浮かれる女性と、似合っていると褒める男性の会話です。

コンサバの類義語

「コンサバ」の類義語には、「シロガネーゼ」「プログレ」などの言葉が挙げられます。

コンサバまとめ

保守を意味する「Conservative」などを略した和製英語が「コンサバ」です。現在はファッション用語として定着し、大人の女性だけでなく男性に対しても、黒や紺などのスーツで無難ながら評判良いファッションを「コンサバ」とします。起源となるのは、1970年頃に神戸で誕生したお嬢様ファッション「ニュートラディショナル」とされ、それを女性ファッション誌「anan」が大々的に紹介した事で、全国的な大ブームとなりました。これが、「コンサバ」の元となるファッションとなります。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事