コロナショックによる影響

コロナショック

新型コロナウイルスの影響が各所に広がっています。この影響は、企業などに大きな影響を与えており、この時期に内定が決まっていた人も内定取り消しになってしまったりと影響が出ています。この時期にクリニックの営業を開始しようとしていたところでは、新型コロナウイルスのことを受けて、クリニックの営業を辞めたというところもあります。今回は、このコロナショックについて詳しく見てみましょう。

コロナショックの意味とは

コロナショックとは、新型コロナウイルスによる悪い影響のことを指します。

コロナショックの由来

経済界においては、リーマンショックやブラックマンデーよりも大きな被害が出ているとされています。NYダウの大暴落によって、投資家にも不安が広がっています。そして、その不安がリスクオフや現金化の動きの活発化に広がっています。

コロナショックの文章・例文

例文1.コロナショックによる影響は、リストラなどにも広がるだろう。
例文2.コロナショックの影響はいまだに計り知れない。
例文3.今年の就職活動にもコロナショックが影響してくるだろう。
例文4.コロナショックは、今後私たちの家計にも響いてくるだろう。
例文5.コロナショックなd新型コロナウイルスによる被害は大きなものとなっている。
新型コロナウイルスによる影響はとても大きいことがうかがうことができます。

コロナショックの会話例

  • 質問者アイコン

    コロナウイルスによる影響ってすごい大きいよね。

  • 回答者アイコン

    コロナショックと呼ばれているけれど、大きい被害が出ているわね。

  • 質問者アイコン

    今年のボーナスカットとかも危惧されているから、余計に心配だよ。

  • 回答者アイコン

    どこの世界も被害が大きいからね。今年のボーナスはあてにならないわね。

コロナショックによって、今年のボーナス事情が心配になります。

コロナショックの類義語

コロナショックの類義語として、「パンデミック」「コロナウイルス」などがあげられます。

コロナショックまとめ

消費税増税などによって、景気の冷え込みが急激に起こっていました。その冷え込みが緩和されないうちにこのような事態となってしまったことからも、私たちの家計にどこまで影響するかが不安になってきています。
その不安が経済界にも大きな波紋が広がっていて、株の乱降下が続いています。この事態を受けて、日本の金融緩和政策が望まれていますが、今後の動向に注目ですね。私たちができることは限られていますが、今後もデマ情報などには気をつけて、気を引き締めていきましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事