コリジョン(Collision)

「コリジョン」とは「データやり取りの通信遅延トラブルやエラーとなる症状」です。ネットワーク上のデータやり取りは非常に複雑な仕組みなので、ちょっとした事が原因となってデータ送信でエラーを引き起こす事もあります。最近はそのような頻度も大分減っているようですが、それでも時々はネットが遅いと感じる事があるのではないでしょうか? それでは、無線LANなどのデータ送信トラブルである「コリジョン」の解説となります。

[adstext]
[ads]

コリジョンの意味とは

「コリジョン」の意味は以下の通りとなります。
(1)IT用語で、ネットワーク上で複数端末による送信によって干渉し合うトラブルの事。
(2)英語「collision」を直訳すると「衝突」となり、ネットワークのデータ衝突やプロ野球の本塁での衝突プレイの規則などを表した専門用語。
「コリジョン」は英語表記「collision」で、直訳すると「衝突」「激突」「対立」となります。プロ野球における本塁での得点に関する衝突プレイでも「コリジョン」(又はコリジョンルール)と使われますが、通常はIT用語とする場合が多いです。インターネットなどのコンピューターネットワークにおいて、複数端末から同時にデータ送信を行うとデータ同士が衝突をする場合があり、それが「コリジョン」と呼ばれます。要するにデータやり取りが不安定になったりエラーで繋がらない状態で、単純に少し時間を置けば自動で回復する仕組みになっていて、また電源の再起動などで回復する事も多いです。近年はWi-Fiなど無線LANで接続するケースが増え、建物内に障害物があると「コリジョン」が発生する要因となってしまいます。

コリジョンの由来

IT用語としての「コリジョン」は、パソコンが普及するようになった1990年代の終わり頃からネットトラブルの専門用語として使われるようになりました。2000年代になると、ネットが急激に進化し広まっていくと、それに応じて接続が遅いや重いといった通信トラブルも増えて「コリジョン」が登場する頻度も増えていきました。

コリジョンの文章・例文

例文1.パソコンを2時間ほど使っていたら、急にネット接続が遅くなりコリジョンがまた起こったと諦めてちょっと休憩をする事にした。
例文2.エンジニアが社内のコリジョンの原因解明に乗り出したが、結局はまったく突き止められずにそのまま放置されてしまった。
例文3.コリジョンによって影響を受ける範囲はコリジョンドメインと言う。
例文4.白熱した試合展開が続いたが終盤になってホームで際どいプレーとなり、審判がコリジョンルールを適用しアウトを取り消して得点を認めた。
例文5.最新パソコンやスマホで5G接続にすれば、コリジョンとも多分無縁になり快適なネット生活を満喫できる。
IT用語やプロ野球用語で「コリジョン」を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

コリジョンの会話例

  • 質問者アイコン

    最近どうもネット接続が遅い気がするんだよなー。

  • 回答者アイコン

    パソコンが古いからじゃない?

  • 質問者アイコン

    それだけが原因だとは思えないんだよ。多分…、コリジョンが起こっているな!

  • 回答者アイコン

    コリジョンって韓国料理? 冗談だって、ネットの専門用語でしょう。

ネット接続の遅さについて知人男女が会話をしています。

コリジョンの類義語

「コリジョン」の類義語には、「トラフィック」「輻輳」「遅延」などの言葉が挙げられます。

コリジョンの対義語

「コリジョン」の対義語はありません。IT用語以外として「衝突」の対義語は「調和」「協調」「ハーモニー」などの言葉が挙げられます。

コリジョンまとめ

「コリジョン」は直訳すると「衝突」となり、主にIT用語としてデータ通信の混線やデータ衝突という意味です。ネット接続を試みても繋がらなかったり異常に遅くなるのは「コリジョン」が原因となる場合もあり、通常は一定時間後に自動回復するようになっています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事