グローバルスタンダードを基準にビジネスをする

グローバルスタンダード(global standard)

グローバルスタンダードという言葉を聞くと、世界では当たり前、日本での当たり前は世界では普通ではないといった連想をされる事でしょう。しかし、そういったネガティブな意味だけを持っている言葉ではありませんので、今日はグローバルスタンダードについてわかりやすく解説していきます。

[adstext]
[ads]

グローバルスタンダードの意味とは

グローバルスタンダードとは、特定の地域や国だけでなく、世界共通の基準のことです。企業の経営手法のことをいうことが多く、今の経営手法のグローバルスタンダードはアメリカになります。日本の雇用形態もグローバルスタンダードの影響を受けつつあり、年功序列の終身雇用から実力社会へと変化しつつあります。また、技術分野においても国際的に決められた枠組みを示すこともあります。グローバルスタンダードという言葉が日本で多く使用されるようになったのは、1997年以降と言われております。現在ではこんなの世界では当たり前という意味合いで使われる事も多いいです。

グローバルスタンダードの由来

1997年以降日本ではバブル崩壊後に、標準的な国際経済に目を向ける必要があった為、グローバルスタンダードという言葉を作り出しました。意外にもこの言葉は海外では使われておらず日本で作られた和製英語と言われています。

グローバルスタンダードの文章・例文

例文1.これからはグローバルスタンダードな視点が必要である。
例文2.日本の製品の質はグローバルスタンダードを超えている。
例文3.グローバルスタンダードは1997年以降から使われ始めた。
例文4.グローバルスタンダードを意識しなければ世界進出は難しい。
例文5.日本社会はよりグローバルスタンダードを取り入れていくだろう。
今までの古いやり方を、残した方がいい部分と、グローバルスタンダードを取り入れた方がいい部分がありますね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

グローバルスタンダードの会話例

  • 質問者アイコン

    これからは実力社会になっていくから、年功序列とか終身雇用が無くなっていくみたいだよ。

  • 回答者アイコン

    実際アメリカでは5割近くの人がフリーランスで働いているみたいよ。

  • 質問者アイコン

    日本もそれを見てこれからはグローバルスタンダード が取り入れられて行くだろうね。

  • 回答者アイコン

    今の経営手法のグローバルスタンダード はアメリカだから、日本も今後アメリカのような手法をとって行くだろうね。

実際にアメリカではフリーランスの働き方が5割近くになっているそうです。これから日本でもそういう現象が起こって行くことが考えられます。

グローバルスタンダードの類義語

グローバルスタンダードの関連語には、「国際的基準」「世界標準」「地球標準」「国際標準規格」などがあります。

グローバルスタンダードまとめ

今日本でも働きかた改革が進んでいますが、今後さらに雇用形態にしばられない働きかたや自由な働きかたが進んでいく事が考えられます。企業形態やITの先進国であるアメリカがグローバルスタンダードとなっているこの世界で、今後どのような変化がされて行くのか、またそれを受けて日本が実際にどう動くのか、今後が楽しみに思う一方で、AIやロボット化によって雇用が減って行く事への不安もあり、雇用をどうして行くかなど世界的なグローバルスタンダードが変化する時代が近づいてきています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事