グレゴリオ暦の導入

グレゴリオ暦(Gregorian calendar)

皆さんは「グレゴリオ暦」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?”暦”とついている以上、暦(こよみ)に関する言葉なのでしょうが、よく知らないという人も少なくないはずです。そこで、この「グレゴリオ暦」という言葉について解説をしていきたいと思います。

グレゴリオ暦の意味

グレゴリオ暦というのは、1582年10月15日から運用されている、それまでの「ユリウス暦」に変わる暦法のことです。ローマ教皇であるグレゴリウス13世が改良を命じ、導入されました。グレゴリオ暦はそれを導入している国と導入していない国があり、導入した国ではユリウス暦と対比して「新暦」と呼ぶこともあります。
グレゴリオ暦の内容というのが、1年=365日としていますが、400年に97回の1年=366日の閏年を置くことによって400年間における1年の平均日数を365.2425日とすることです。グレゴリオ暦の導入によってユリウス暦の頃に比べて、その精度が格段に向上したという結果があります。

グレゴリオ暦の由来

グレゴリオ暦の名前の由来というのは、上述したようにその導入を命じたローマ教皇である「グレゴリウス13世」の名前が由来となっています。

グレゴリオ暦の文章・例文

例文1.グレゴリオ暦が導入されたのは1582年のことです
例文2.日本でグレゴリオ暦が導入されたのは明治時代の頃だったようです
例文3.グレゴリオ暦が何なのかを知らない
例文4.私はグレゴリオ暦について研究しています
例文5.グレゴリオ暦が導入されたことで閏年が生まれた
日常的に使うような言葉ではありませんが、現代にも大きく関わっていることなので、知っておいて損はありません。

グレゴリオ暦の会話例

  • 質問者アイコン

    そういえば、今年は閏年だったんだね。

  • 回答者アイコン

    そっか。
    じゃあ今年は366日なんだね。

  • 質問者アイコン

    豆知識だけど、閏年ができたのはグレゴリオ暦が導入されてからなんだよ。

  • 回答者アイコン

    残念!それは私も知ってるよ。

これは中々日常会話の中で出てくるような言葉ではないでしょう。

グレゴリオ暦の類義語

グレゴリオ暦の類語としてあげるならば、前暦である「ユリウス暦」があげられるでしょう。ちなみにユリウス暦を導入したのは、ローマの執政官である「ガイウス・ユリウス・カエサル」です。

グレゴリオ暦まとめ

グレゴリオ暦というものに関して解説をしました。会話の中で使うことはないでしょうが、話のネタとしてでも知っておいて損はないかと思います。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事