クラミジア

数多く存在する性病の中で、最も有名な一つが「クラミジア」ではないでしょうか? クラミジアに感染すると、男性は排尿時の痛み、女性の場合は自覚症状がない事から他の病気の原因となり得ます。性行為が発症の原因となりますが、きちんと理解する事で予防や対策へと役立ちます。

クラミジアの意味とは

クラミジア(英語表記:sexually transmitted diseases)は別名「クラミジア感染症泌尿器」で、性行為や性的接触が原因で男女関係なく細菌が原因で感染します。主に10代や20代と性活動が盛んな年代が感染し、その中には自覚症状がないのもクラミジアの特徴です。クラミジアは、日本では全性病の約半数を占めるほど蔓延し、男性器や女性器だけでなく咽頭や眼に感染する事もあります。さらに、自然治癒で治ったと安心していると、特に女性の場合は将来的な不妊症や流産の原因にもなり兼ねない危険性がある事を認識するべきです。男性の場合は排尿時の痛み、膿などの症状で、さらに酷くなると男性不妊となります。現在は薬を服用する事で100%完治する病気なので、早めに通院するのが最善の方法となります。

クラミジアの由来

日本ではクラミジアと呼ばれていますが、正式な菌名は「クラミジア・トラコマチス」(Chlamydia trachomatis)で、「chlamydia」にはクラミスという肩回りの洋服の部分名称からなったとされています。「trachomatis」はギリシア語で、ザラザラした等の意味があります。

クラミジアの文章・例文

例文1.クラミジアに感染する多くは女性である
例文2.パートナーとだけ性行為すればクラミジアに感染しない
例文3.クラミジアは飲み薬で簡単に治る
例文4.自覚症状がないのがクラミジアの恐ろしさだ
例文5.心配なら病院でクラミジアの検査を受けるべき
ネットなどでクラミジアを調べると、危険性を訴えるものが多く、放っておくと男女共に不妊症の原因となります。将来、赤ちゃんを作るのが難しくなるかも知れないので、クラミジアの知識をきちんと学ぶべきです。

クラミジアの類義語

クラミジアの類義語には、「バクテリア」「ウイルス」「性病」などの言葉が挙げられます。

クラミジアまとめ

日本で一番身近な性病が「クラミジア」で不特定多数と性行為を繰り返すと、誰でも感染する可能性が高まります。若い年代ほどかかりやすく、また気が付いても専門家に診せる恥ずかしさから自然治癒で済まそうとしがちです。そして、一見するとそれで治ったように感じるのもクラミジアの危険なところで、それが将来的な不妊症の原因と及ぼすようになるのです。現在は通院し、薬療法で治るように医学が進歩しているので、気になる方は早めに調べてもらいましょう。
「クラミジア感染症・厚生労働省」
さらに詳しく知りたい方は、上記、厚生労働省のサイトも確認してみて下さい。

この記事を読んでいる人に人気の記事