クラシック音楽

クラシック(classic)

「クラシック」という言葉を誰もが一度は聞いたことあると思います。このワードは様々な場面や意味で使われており、クラシックとは一般的に「昔の、古い」という認識の人が多いかと思います。もちろん間違っていないのですが、今よりもさらに深い理解をしていただければ博識だと思われるので、話のネタとして覚えて損はありませんよ。今回はそんな「クラシック」について解説していきますので一緒に理解をより深めていきましょう。

クラシックの意味とは

「クラシック」とは古風な、古典的なという意味です。

クラシックの由来

「クラシック」の語源はラテン語の「上流階級、最上級に属する」を意味する言葉です。ですがこれが転じて徐々に「一流な、高尚な」などの意味で使われるようになり、今では「受け継がれる伝統=古典的な」という意味でも使用されるようになりファッション用語としてはもちろん様々な場面で多く使用されております。

クラシックの文章・例文

例文1.私はクラシックスタイルが好き。
例文2.クラシックなカフェは居心地がいい。
例文3.あの人はクラシックな雰囲気がある。
例文4.クラシックなものが好きでコレクションしている。
例文5.クラシックミュージックが好きでバーに通っている。
「クラシック」に関する一般的な例文です。
このワードは使い方によって様々な意味を持ちますので意味をよく理解し使うようにしましょう。

クラシックの会話例

  • 質問者アイコン

    どこかお洒落なカフェ知ってる?

  • 回答者アイコン

    それなら近所の〇〇カフェなんてクラシックな感じで雰囲気あっておすすめだよ。

  • 質問者アイコン

    ファッションはなんかおすすめある?

  • 回答者アイコン

    私はクラシックなテイストが好きだから〇〇ブランドとか好き!

「クラシック」に関する日常的な会話です。
これらの会話だけでなく他にも多様な場面で「クラシック」のワードは使われています。

クラシックの類義語

「クラシック」の類義語は「クラシカル」などが挙げられます。

クラシックまとめ

どの様な場面で「クラシック」を使用し、どんな意味や由来があるのかお分かり頂けたでしょうか?「クラシック」は文頭で説明した通り、それぞれの階級を表す用語から時代が変わるにつれ、今ではその場の雰囲気や音楽におけるジャンルやファッションのテイストなど幅広く使用されております。また競馬においても「クラシック」という言葉が使われていて、「古くからの伝統的な競争」を指しており「日本ダービー、皐月賞、花賞」などを総称した言葉になっています。「クラシック」にはまだまだいろんな使い方があるので興味がありましたらぜひ深掘りしてみてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事