クラウドサービス

クラウドサービスという言葉を聞いたことがある人は多いと思います。しかし、単語を聞いただけではいまいち分からない人がほとんどだと思います。クラウドサービスについて知っていて損はない言葉ですし、今日、多くのWebアプリケーションやWebサービスで利用されている現代に欠かせないサービスです。では、一体クラウドサービスとはどのようなものなのでしょうか。

クラウドサービスの意味とは

クラウドサービスとは、Webアプリケーションや写真保存用ストレージなどをインターネットを通じて利用できるサービスのことです。昔は、ソフトウェアを使うときはソフトウェアをインストーラからインストールしてデスクトップアプリケーションとして利用するのが一般的でした。なので今日クラウドサービスがとても注目されているのです。クラウドサービスとして代表的なものがgmailです。クラウドを利用したWebアプリケーションであり、gmailは無料で使えるため、多くの人が利用したことがあると思います。gmailはWeb上で扱うことができ、わざわざインストールする必要がないので違う端末でGoogleアカウントにログインするだけで利用することができます。

クラウドサービスの由来

クラウドサービスのクラウドの由来はサーバーがどこにあるか分からず、雲の上にあるように認識されることからきています。クラウドサービスがなぜ注目されているかというと今までクラウドを利用したサービスが当たり前ではなかったからです。

クラウドサービスの文章・例文

例文1.このWebアプリケーションは有名なクラウドサービスの1つである
例文2.新しいクラウドサービスを始める
例文3.クラウドサービスを利用することでセキュリティ強化する
例文4.クラウドサービスを利用することにより、複数の端末で情報を共有が可能となる
例文5.今日、クラウドサービスは必要不可欠なサービスである

クラウドサービスの関連語

クラウドサービスの類義語としては「Webアプリケーション」、「Webサービス」などがあります。または関連語としては「クラウドソーシング」などもあげられます。

クラウドサービスまとめ

私たちが当たり前のように使っているクラウドサービスは昔はなかったと思うと現代はとても便利な時代だと感じます。クラウドサービスでは、写真の保存やメールなどを利用することができ、その他にも多種多様なWebアプリケーションがあり、無料で使えるものが多いものクラウドサービスの魅力です。試しに使ってみて気に入ったら、お金を払うことで機能を追加できますし、気に入らなければ他のサービスを使えばいいのです。今日、クラウドサービスは多くの企業が提供しています。クラウドサービスは誰でも手軽に使えるので、もし今まで利用したことがなければこれを機に利用してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んでいる人に人気の記事