クオリア(qualia)

日常生活の中で、物事を感覚的に捉えていることはないでしょうか。論理的に捉えられないものというのは確実に存在していて、冷静になって無理やり論理にこじつけることはできても、ふとした拍子に感覚的な捉え方をしているような経験は誰しもあるはずです。そういったことに関連した言葉に「クオリア」という言葉があります。この言葉の解説をしていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

クオリアの意味

クオリアというのは、一言で言えば「感じ」のことです。「りんごのあの赤い“感じ”」の感じが外部からの刺激として目を通じて脳が受け取った時にりんごの赤さを感じます。この時感じた赤さがクオリアということになります。
クオリアは身近な概念でありながら、科学的に扱えるかがはっきりしていないものです。これは「説明のギャップ」「クオリア問題」「意識のハードプロブレム」というように呼ばれています。専門家の中でも様々な意見が挙げられており、「擬似問題に過ぎないのではないか」という意見から「新しい自然法則が存在する」という意見まであります。

クオリアの由来

この言葉は質を意味するラテン語から来ていて、アウグスティヌスの著作物でもある「神の国」にも登場する言葉です。しかし、この言葉が現代の「感じ」というような意味で使われるようになったのは20世紀以以降のことで、1929年にクラレンス・アーヴィング・ルイス著作の「精神と世界の秩序」において近い意味で言葉が用いられてとされています。

クオリアの文章・例文

例文1.空のあの青い“感じ”がクオリアなんだ
例文2.クオリアというのはどういう概念のことを言うのだろう
例文3.身近に存在しているクオリアについて研究していきたい
例文4.私の祖父はクオリアに関する研究者だった
例文5.どれがクオリアなのかいまひとつ分からない
クオリアというのは現状では概念のことなので、言葉として使うことも難しいでしょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

クオリアの会話例

  • 質問者アイコン

    今日の空は一段と青く感じるね。

  • 回答者アイコン

    あ、それってクオリアっていうだよね。
    この間本で読んだよ。

  • 質問者アイコン

    え?どれのこと?空が青いこと?

  • 回答者アイコン

    そうじゃなくって、感じって言ったでしょ?それのこと。

クオリアを詳しく人に説明するのは最低限の知識が必要ですね。

クオリアの類義語

近い表現の言葉としては、「フィーリング」や「なんとなく」という表現がクオリアと近いものではないでしょうか。

クオリアまとめ

クオリアというのは表現しようと思うとなかなか難しいものです。ただ、それは身近にあるもので誰もが表現をしたことがあるものだということを知っていただけるといいかと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事