クァベギ(くぁべぎ)

「クァベギ」とは「Z世代から次に流行る最新スイーツと注目を集める韓国揚げドーナッツ」です。揚げドーナッツは日本でも昔から食べられてきましたが、韓国版はもち米を使いサクサク食感と可愛いデコレーションがあるので、その見た目もあって女子高生達から注目を集めています。今の時代、SNSにアップされるのを踏まえて見た目は絶対に大事だと痛感する「クァベギ」の解説となります。

[adstext]
[ads]

クァベギの意味とは

「クァベギ」の意味は以下の通りとなります。
(1)女子高生などZ世代に大注目の韓国スイーツで、ねじった形ともち米を使用しているのが特徴の斬新な揚げドーナツ。
(2)韓国では庶民派おやつという存在の揚げドーナッツで、生クリームやチーズやティラミスなどを上に乗せて食べられ、日本でも流行にうるさいZ世代を中心にネクストトレンドとして関心が高まっている。
「クァベギ」は韓国語で「ねじり揚げドーナッツ」という意味で、普段の軽いおやつとして韓国では昔から定番だったようですが、最近は様々なトッピングや若い人向けに可愛らしいデコレーションなどをするようになり、SNSで取り上げられると日本でもZ世代を中心に注目を集めて、現在は次なる最新トレンドのスイーツとなっています。特徴としては、日本ではあまり見かけないねじった形と、小麦粉などでも可能ですが基本はもち米を使った揚げドーナッツなのでモチモチした食感が楽しめます。揚げドーナッツの上にはクリームやチーズ、他にもティラミスや黄粉やイチゴなどでアレンジされ、またお店によっては冷やして提供するパターンもあります。この豊富な種類も「クァベギ」ならではで、様々な個性的「クァベギ」を求めてお店を巡ったり手作りするのも人気なようです。流行りものには目がないZ世代からは、「2022年春!高校生最新トレンドランキング」の「次に来るトレンドは?」で4位に選出され、このままいけば大ヒットするのは間違いないでしょう。

クァベギの由来

「クァベギ」は韓国の揚げドーナッツですが、元々は中国の揚げパン「ヨウティアオ」が発祥とされます。「ヨウティアオ」は朝食の定番とされ、お粥やスープと一緒に食べられていました。それが韓国に伝わっておやつとして進化し、日本も注目の最新スイーツとしてトレンド目前になっています。

クァベギの文章・例文

例文1.騙されたと思ってクァベギを食べたら、想像よりも甘くなくクセになる食感も大変気に入り、心からまた食べたいと思った。
例文2.もち米のパンというかドーナッツは合うとクァベギを食べて感じた人は多いだろう。
例文3.週末なのでクァベギの人気店で出向いたら、若い子だらけだったのでそのまま店を後にした。
例文4.これから飲食店を始めるなら、女子校近くでクァベギなどの韓国スイーツの店をオープンすると儲かるかも知れない。
例文5.コロナが落ち着いたら、彼女と韓国で本場のクァベギを食べに行く計画を立てている。
「クァベギ」を使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

クァベギの会話例

  • 質問者アイコン

    最近元気がないんだよ…。世界は混沌としているしコロナも終息しないし、気分が落ち込む…。

  • 回答者アイコン

    そんな時は食べるにかぎるって。じゃあ、明日美味しいものを食べに行こう!

  • 質問者アイコン

    何を食べるの? 寿司、焼肉、中華もいいな。

  • 回答者アイコン

    そんな時代遅れな物を食べてもダメよ。今は絶対にクァベギ。注目の最新スイーツを食べれば沈んだ気持ちを吹き飛ばせるって。

元気がない知人男性に「クァベギ」を勧める女性という内容です。

クァベギの類義語

「クァベギ」の類義語には、次に来るトレンド食べ物として「ミラーケーキ」「北海道めんこい鍋くまちゃん温泉」などの言葉が挙げられます。

クァベギまとめ

「クァベギ」は韓国で人気のもち米を使った揚げドーナッツで、日本でもZ世代を中心に次に来るトレンドスイーツとして注目されています。揚げドーナッツの上にクリームやチーズを乗せたり、或いは冷やして食べるとサクサク食感と相まって絶妙な美味しさになります。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事