ギャランティーがもらえた

ギャランティー(guarantee)

テレビのバラエティ番組でよく「ギャラ」という言葉を耳にしませんか?なんとなく報酬というイメージはつくと思いますが、どういう報酬なのか詳しいことは知らない人が多いのではないでしょうか。このギャラいわゆる「ギャランティー」について言葉の意味を解説していきたいと思います。

ギャランティーの意味

ギャランティーというのは、テレビ番組や映画なんかに出演する際の契約出演料のことです。または、ゲームやアニメの制作に携わる外注契約者やフリーランススタッフ(デザイナーや声優、監督など)に対して支払われる人件費のことを指しています。この言葉は和製英語で、省略して「ギャラ」と呼ぶことが一般的ですね。
ちなみにギャランティーは英語では「保証」という意味になるので、英語圏の国で日本語の契約出演料の意味でギャランティーと言っても通じない可能性が高いです。

ギャランティーの由来

日本ではこの言葉はもともと「最低保証出演料」の意味で使われていましたが、いつの間にか現在の「出演料」が一般的な意味に変わりました。

ギャランティーの文章・例文

例文1.あの俳優は相当なギャランティーが発生しているらしい
例文2.ギャランティーがすごく少ない出演者もいるそうだ
例文3.ギャランティーで月にいくら稼げているのか気になる
例文4.芸人と俳優ではどのくらいギャランティーに差があるのだろうか
例文5.ギャランティーでたくさん稼げるようになってみたい
上記でも記述したように、一般的には「ギャラ」と省略して使うことが多いので、ギャランティーと使うことはあまりないかもしれません。

ギャランティーの会話例

  • 質問者アイコン

    この前バラエティ番組の収録見学に行ってきたんだよ。

  • 回答者アイコン

    え!?羨ましい!
    どうでした!?

  • 質問者アイコン

    出演者に質問する機会があって、ストレートにギャランティーはいくらかを質問しちゃったよ!

  • 回答者アイコン

    それ答えてくれても、テレビでは放送されないやつですね。

番組内でもギャラに関するトークはあったりしますが、実際には公表されないことがほとんどですね。

ギャランティーの類義語

ギャランティーと同じような意味の言葉をあげるならば、まさしく同じ意味の「出演料」や「契約金」といった言葉が近いものになると思います。

ギャランティーまとめ

実際、著名な芸能人だと1回の出演でサラリーマンの月収くらいのギャランティーが発生することもあるので、それを聞くとかなり夢のある話ですね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事