キーワーカー(key worker)

キーワーカーとは、日々の生活を維持するために必要不可欠な職種についている人のことです。キーワーカーという言葉を耳にするようになった理由として新型コロナウイルスの影響が考えられます。生活を維持していくのに必要な職業、つまり医療関係であったり、公務員であったりと様々存在します。今回は、そんなキーワーカーについて意味、由来、使い方、類義語などをみていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

キーワーカーの意味とは

キーワーカーの意味は、日々の生活を維持するために必要不可欠な職種についている人のことです。

キーワーカーの由来

キーワーカーの「キー」は英単語の「key」を表していて鍵という意味をもっています。また、「ワーカー」は「worker」を表していて労働者という意味をもっています。これらから鍵となるような重要な労働者、つまり必要不可欠な職業の労働者という人を表す言葉として使われるようになったと考えられます。

キーワーカーの文章・例文

例文1.私達が生活を行っていくにあたってキーワーカーの存在は必要不可欠である。
例文2.この国で医療崩壊が起きる前にキーワーカーと呼ばれる医療現場の人の声にもっと耳を傾けるべきである。
例文3.病室が空いているとしてもキーワーカー不足で、いつ医療崩壊を迎えたとしてもおかしくはない。
例文4.優秀な人でなければ、こなすことのできない仕事であるがゆえ、キーワーカーの労働量がどんどん増えている。
例文5.緊急時には、キーワーカーが足りなくなることがあるので、国でバックアップする体制を整える必要がある。
これらからキーワーカーという言葉は、私達が生活して行く上で欠かせない存在です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

キーワーカーの会話例

  • 質問者アイコン

    新型コロナウイルスの影響でキーワーカーの業務負担が大きくなっているのは問題だよね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。特に医療現場では、人手不足というのもあって十分な休憩をとることができているのかと心配してしまうよ。

  • 質問者アイコン

    うん。僕も心配だよ。だからキーワーカーを支援するような取り組みがあれば積極的に参加していくことが大切だね。

  • 回答者アイコン

    その通りだよ。私たちにもできることがあるなら率先して行っていこう。

彼らはキーワーカーの現状の問題について話しあっています。

キーワーカーの類義語

キーワーカーの類義語には、「エッセンシャルワーカー」「クリティカルワーカー」「ブルーカラー」などがあります。

キーワーカーまとめ

今日、キーワーカーという人たちに注目が集まっています。新型コロナウイルスの影響で多くの人が苦しむ中、私たちの生活を支えるキーワーカーを支えていくことは大切です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事