キャッチオール規制されると困る

キャッチオール規制(キャッチオールきせい、Catch-All Controls)

「キャッチオール規制」は聞き覚えのない言葉ですが、これが韓国へのホワイト国除外やフッ化水素輸出禁止となると、何度も聞いた覚えがあるのではないでしょうか? 昨今、何かと日本と韓国の関係悪化が話題となっていますが、その元を辿ると「キャッチオール規制」が大きく関係しています。また、根幹には徴用工判決やレーザー照射、慰安婦像、反日教育などが複雑に絡み合い、修復不可能な状態にあるのが現在の日韓関係です。「キャッチオール規制」について、詳しくなるとその入り口については理解できるようになるので、詳しい解説を始めさせて頂きます。

キャッチオール規制の意味とは

「キャッチオール規制」の意味は以下の通りとなります。
 (1)外国に特定の物や技術を輸出する際には、経済産業省の輸出許可申請が必要となる制度。
 (2)製品や材料や技術を外国に輸出する際、特に軍事転用の恐れが高い物だけでなく、大量破壊兵器の開発や製造に関係する物には、日本の場合は経済産業省(経済産業大臣)への届け出が必要となる、2002年4月から導入された国際平和や安全目的の世界的な制度。
 (3)国連制裁による武器禁輸国であるアフガニスタンや北朝鮮などに、大量破壊兵器などを製造・開発させない目的で導入され、欧米各国などホワイト国以外に対しては輸出を厳しくし、管理なども徹底する。
「キャッチオール規制」(補完的輸出規制)は日韓関係の悪化や、日本がホワイト国グループから韓国を除外した事で注目をされていますが、その中身はそこまで複雑なものではありません。要するに、世界平和や戦争防止、大量破壊兵器の製造などを危険な国々にさせない目的で欧米を中心に導入され、日本でも2002年4月1日から施行されました。軍事転用の恐れがある製品の中には、韓国サムスン電子などが製造の際に必要となる、スマホ向けの必須素材等がいくつも含まれており、これが規制されると他国から調達するしか手段はないが、それが困難な為に韓国側が大反発を繰り広げ、日韓関係悪化の要因になっています。韓国としては、これまでアジア唯一のホワイト国として優遇されてきたものを日本から一方的に除外され、それを不服として世界各国に訴えていますが、残念ながら欧米各国はホワイト国のままなので、その訴えが国際社会にアピールできていない状況です。

キャッチオール規制の由来

「キャッチオール規制」を含む「不拡散型輸出管理」が、世界的に導入された背景には、米ソの長く続いた冷戦状態があります。これは1947年から1991年までと長期化され、世界が東西に分断された西の資本主義と東の社会主義の対立です。時代が進むにつれ、資本主義側が実質的な勝利を掴み、アメリカ中心の世界平和や安全維持として、戦争を引き起こす疑いが強い国だけでなく、その周辺のテロリストにも厳しくする目的として、通常兵器だけでなく核兵器や生物兵器などあらゆる兵器の可能性がある物の輸出に関して、世界的に厳しくするのが共通ルールとなり、それが「不拡散型輸出管理」です。
「不拡散型輸出管理」には、大きく以下に分かれています。
 (1)通常兵器の過剰な蓄積防止と汎用品の通常兵器転用防止
(2)大量破壊兵器等の拡散防止
 (3)キャッチオール規制
厳密には、今回の「キャッチオール規制」は湾岸戦争によって、アメリカなどへの配慮もあり、日本が2002年4月から導入し、その時に決めた枠組みで推移していたが、今回ホワイト国から韓国を除外し日韓関係の悪化に繋がった。

キャッチオール規制の文章・例文

例文1.キャッチオール規制は世界平和や安全、戦争をしない世の中にする為に必要な統一ルール。
例文2.キャッチオール規制によって、テロリストなどに武器が渡るのを防いでいる
例文3.キャッチオール規制は武器などの製造開発の疑いがあると規制されるので、コンピューターや通信、エレクトロニクスなども含まれる。
例文4.キャッチオール規制の大事な点として、なぜ韓国だけがアジア唯一のホワイト国だったのか、という事実である。
例文5.日本はキャッチオール規制の導入は遅れたが、それ故に世界で最も厳しいキャッチオール規制と言われている。

「キャッチオール規制」の場合は、解説やその補足的な例文となりがちです。

キャッチオール規制の会話例

  • 質問者アイコン

    何かと話題のキャッチオール規制について、理解しています?

  • 回答者アイコン

    私は社会人として、当然理解しているよ! そっちはどうなの?

  • 質問者アイコン

    俺はどうも、よく分からないのが正直なところ。結局、これは韓国にどれぐらい経済ダメージを与えるの? あまり意味がない気もしてね。

  • 回答者アイコン

    韓国の経済的な損失は大きく、半導体などは数か月や半年が限界と言われているよね。でも、それでサムスンなどが倒産するのかと言うと、それはしないと思う。だから、売上や利益が多少落ちる程度じゃないかな? それに、韓国も対策を練っているから、暫くは様子見だよね。

「キャッチオール規制」により、韓国がどのぐらい経済ダメージを負うのか会話をしています。

キャッチオール規制の類義語

「キャッチオール規制」の類義語には、「安全保障輸出管理制度」「外国貿易法」などの言葉が挙げられます。

キャッチオール規制まとめ

「キャッチオール規制」は国際的な安全保障の観点から、大量破壊兵器や通常兵器の製造・開発の疑いがある物に対しての輸出は、厳しく管理する制度です。日本の場合は、武器や化学兵器だけでなく、先端材料やエレクトロニクスやコンピューターなどもリスト規制に含まれ、これらを輸出する場合は経済産業大臣の許可が必要となる。また、ホワイト国という日本と友好で信頼関係がおける国々に対しては、キャッチオール規制外の扱いとなり、輸出が容易に行える。今回、韓国がホワイト国のグループから外され、これまでの様に日本から輸出が出来なくなり、経済的にもダメージを負うと懸念され国を挙げての大バッシングや反日を強めている。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事