カルチャーフィット(Culture Fit)

「カルチャーフィット」とは「退職リスクを減らす手段で、就職希望者と企業側の相性を重要視する事から企業風土や企業文化の適合による採用」です。就職を希望する側は仕事内容や給料など条件面を気にして、採用する企業側はかつては学歴や職歴などを最優先としていたのですが、現在はこれらだけでなく退職を防ぐ為に自社の企業風土・文化などに合う人材なのかを重要視しています。もちろん実際には判別が難しい要素ですが、会社と同じ価値観などを共有する人材なら辞める可能性も低く、長期間に渡り貢献をする可能性が高いですよね。そんな観点から最近は「カルチャーフィット」が注目を集めています。

[adstext]
[ads]

カルチャーフィットの意味とは

「カルチャーフィット」の意味は以下の通りとなります。
(1)ビジネス用語で、早期退職を防ぐ取り組みとして企業理念に合う人材を採用する事。
(2)採用された人材の退職を防ぐ為、面接などで企業文化に合う人材を選別する事。
”カルチャー”は「文化」「教養」、”フィット”は「ぴったり合う」「適合」で、直訳すると「カルチャーフィット」は「文化適合」となります。これがビジネス用語として、「企業文化の適合」や「企業文化への適合性(適応性)」といったニュアンスとして、入社時の採用面接などでその人材が自社の企業理念に適合するのか見極めたりするのに使われます。要するに、どんなに優秀な人材でもその企業に合っていなければ離職する可能性が高いので、自社に合う人材を採用するという事です。。特に採用後すぐに辞めてしまうと企業としても経費が嵩み損失が増えてしまうので、それを防ぐ目的として最近の企業は「カルチャーフィット」という概念を導入しているのです。よって、「カルチャーフィット」の明確な意味合いはありませんが、「企業理念や価値観などに合う人材の見極め」と解釈できます。また、使い方としては「カルチャーフィット採用」「カルチャーフィットを重視」から、自社に合っていない人材を採用しない「カルチャーフィット切り」といった形で使われます。

カルチャーフィットの由来

「カルチャーフィット」は外資系企業やIT企業などが1990年代後半頃から使い始めた言葉です。当時は国内大企業よりも積極的に中途採用をしていた外資やIT系が人材確保のキーワードのように用いていました。

カルチャーフィットの文章・例文

例文1.カルチャーフィットで早期退職者を防げるようになる。
例文2.学歴だけでなく人間性を重視する一面がカルチャーフィットにはあると思える。
例文3.一方で、重役や人事らが受け取った印象から都合良く判断して不採用理由をカルチャーフィットで片付けるのも事実だ。
例文4.多様性を排除するのがカルチャーフィットと揶揄されるケースもある。
例文5.大手コンサルへの入社を夢見る友人だが、今のままではカルチャーフィット切りに合う可能性も高いが、余計なアドバイスをして傷付けたくないので黙っている。
企業採用の基準とされる「カルチャーフィット」についての例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

カルチャーフィットの会話例

  • 質問者アイコン

    明後日が最終面接なんだけど、もう今から緊張して大変だよ。

  • 回答者アイコン

    そう言えば、どことなく顔色が悪いね。

  • 質問者アイコン

    寝れてないから、もう早く内定をくれって感じだよ。これで最終面接でカルチャーフィット切りされたら、最悪だよ。

  • 回答者アイコン

    そんな事を思っていると本当になるから、ほら、前向きに前向きに。

就活中の大学生の会話内容で、最終面接を控えた知人男性を女性がフォローしています。

カルチャーフィットの類義語

「カルチャーフィット」の類義語は厳密にはありませんが、”企業文化”とするなら「組織風土」「企業風土」「社風」「コーポレートカルチャー」などの言葉が挙げられます。

カルチャーフィットの対義語

「カルチャーフィット」の対義語には、「スキルフィット」などの言葉が挙げられます。

カルチャーフィットまとめ

「カルチャーフィット」はその企業ならではの文化に適合といった意味で、主に人材採用の際に使われます。闇雲に能力が高い人材を採用するより、企業文化に合っている人を選んだ方が離職する可能性は低く結果的には企業に貢献すると考えられるからです。ですから、その企業の雰囲気に合いそうな人材を選ぶのが「カルチャーフィット採用」で、逆に不採用となるのが「カルチャーフィット切り」と呼ばれます。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事