カチコミをしている人たち

カチコミ(かちこみ)

「大吟醸組事務所の北大路がカチコミかけてきたぞー!」こんなシーンを思い浮かべられる人が多いのではないでしょうか。日常的な生活において使うことはありませんが、あなたは「カチコミ」という言葉の意味を知っていますか?
「カチコミ」という字面だけではあまり意味に結び付かない言葉かもしれませんね。今回はそんな「カチコミ」という言葉について、詳しく見てみましょう。

[adstext]
[ads]

カチコミの意味とは

カチコミの意味とは、ヤクザや暴力団などが複数の人で敵の事務所を襲撃したり、殴り込みをかけること、またはそのさまという意味です。

カチコミの由来

なぜ「カチコミ」というこの言葉が生まれたのか明確な経緯は不明ですが、一説ではこの言葉は元々ヤクザなどの世界において「ガラスを割る」行為を意味しており、ガラスを割る、すなわち「抗争の始まり」を意味する言葉として意味が転じたものと考えられます。

カチコミの文章・例文

例文1.あの組、最近調子に乗ってるな。カチコミをかけるしかないな。
例文2.俺たちの組にカチコミをかけてくるという話が持ち上がっている。デマだといいがな。
例文3.カチコミを今晩決行しようとする組の動きがあったようだ。
例文4.ヤクザ映画で迫力があるシーンの一つと言えば、カチコミの場面でしょ。
例文5.子供たちの遊びで友達の家にカチコミしようとしていた集団がいた。

ヤクザの言葉のイメージがあるので日常的に使うことは難しいかもしれません。カチコミしている場面に遭遇したら、まずはその場から逃げたほうがいいでしょう。。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

カチコミの会話例

  • 質問者アイコン

    佐藤さん、今度鈴木さん家にカチコミかけましょう。

  • 回答者アイコン

    いやカチコミってなんですか。普通に訪問しましょうよ。

  • 質問者アイコン

    いや、カチコミです。私はカチコミがしたいんです。

  • 回答者アイコン

    あ、昨日ヤクザが出てくる映画とか見過ぎましたね。目の下にクマできてますよ。

一般人がカチコミという言葉を使うと、コミカルで平和な冗談にしかならないものかもしれませんね。

カチコミの類義語

カチコミの類義語としては、「道場破り(どうじょうやぶり)」や「鉄砲玉(てっぽうだま)」などの言葉が挙げられます。

カチコミまとめ

カチコミなんて、今の世の中を普通に生きている人にはまず縁のない現象ですし、出会いたくもないものですよね。
ただ、ヤクザや暴力団は一般の方にはほとんどフィクションに近い、創作物の中に出てくる程度のものという認識が普通だと思われます。
今の時代にカチコミという言葉を日常の中で使うとしたら、やはり友達の家に押しかけた時などに「カチコミだー笑」と冗談ぽく使うくらいなのではないでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事