カエル愛(かえるあい)

「カエル愛」とは「東京五輪のボクシング女子で金メダルを獲得した入江選手のカエルに対する愛情を物語る言葉」です。大盛況で幕を閉じた東京五輪では様々な流行語が生まれましたが、女性や子供の心に最も響いたのはもしかしたら今回の「カエル愛」ではないでしょうか? ボクシングという激しい打ち合いながらも、一度リングを離れるとカエルが大好きというのはとても可愛らしく、急に身近に感じてファンになってしまった人も多いでしょう。それでは入江選手を語るには欠かせられない「カエル愛」の解説となります。

[adstext]
[ads]

カエル愛の意味とは

「カエル愛」の意味は以下の通りとなります。
(1)東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈選手は大のカエル好きとメディアを通じて公言していたので、五輪の活躍もあり2021年の新語・流行語大賞にノミネートされるほど世間に浸透した言葉。
(2)東京五輪・ボクシング女子フェザー級の金メダリスト・入江聖奈選手は自他共に認める無類のカエル大好き女子で、そのあどけなさと試合での強さのギャップから一躍人気者となり、大会中はインタビューなどで何かと「カエル愛」を主張し続ける事でも話題となった。
(3)「カエル好き」も同義。
2021年7月23日から始まった東京五輪は、当初コロナ禍での開催という事で不安の声もありましたが、結果的に日本代表選手の活躍もありメダル数も過去最多を更新するなど大変盛り上がり幕を閉じました。今回の五輪の特徴として各競技の名シーン名場面だけでなく、各々の選手が名言を数多く残した事で、その中でも最も可愛らしく微笑ましいのが今回の「カエル愛」です。この言葉は、ボクシング女子として金メダルを獲得した入江聖奈選手が五輪本番前からインタビューなどで何かと「カエル好き」を公言し、生き物としての魅力を声高に語っていたのです。その熱の入れようは、毎日カエルの生態系を学習・研究するほど真剣で、そんな本気の姿から次第に彼女を喩える言葉として「カエル愛」と言われるようになったのです。すると、メディアも入江選手=「カエル愛」として大きく取り上げファンもSNSで話題にするなど相乗効果となり、新語・流行語大賞にまでノミネートされる勢いを見せたのです。

カエル愛の由来

「カエル愛」の由来は上記の通り入江選手の「カエル好き」となりますが、8月3日のフェザー級決勝で見事に金メダルを獲得すると翌日から一気にマスコミが大きく取り上げるようになり、そこで彼女を表す代名詞的に「カエル愛」「カエル好き」が使われ始めました。

カエル愛の文章・例文

例文1.私もカエルが大好きなカエル愛女子なので、入江選手の活躍には感銘を受けた。
例文2.カエル愛が世界を明るく包み、人々を健康で幸せにする。
例文3.入江選手はボクシングとカエル愛のギャップが最高に素敵だ。
例文4.カエル愛が流行っていると聞き、友達とゲテモノ料理屋で昆虫料理を食べる事にした。
例文5.あそこまで饒舌に語ると、入江選手のカエル愛は紛れもなく本物で今度はどんなカエル話を語るのか楽しみだ。
様々な「カエル愛」についての例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

カエル愛の会話例

  • 質問者アイコン

    東京五輪で印象に残っている選手は誰?

  • 回答者アイコン

    私はダントツで入江選手!

  • 質問者アイコン

    入江…、入江ってごめん、何の競技の選手だっけ?

  • 回答者アイコン

    もう、ほら。カエル愛で有名なボクシングの金メダリストだよ。

東京五輪で活躍した入江選手について男女が会話をしています。

カエル愛の類義語

「カエル愛」の類義語として、同じく東京五輪で流行った「エペジーン」「ゴン攻め」「ピクトグラム」「13歳、真夏の大冒険」「ぼったくり男爵」などの言葉が挙げられます。

カエル愛まとめ

東京五輪のボクシング女子で金メダルを獲得した入江聖奈選手は自他共に認める「カエル好き」で、そんな彼女のカエルに対する特別な愛情を表現した流行語が「カエル愛」です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事