オーディエンスターゲティング(Audience targeting)

「オーディエンスターゲティング」とは「性別・年代・関心事・買物履歴などの情報を元に一人ひとりに合った広告を配信する手法」です。サイトを開くと、いつも自分に関係する商品の広告ばかりが出現すると思った事はありませんか? これは個人情報からその人に最適なものが配信されているからで、だから同じサイトを見ている他の人にはまた違った広告が出ています。

[adstext]
[ads]

オーディエンスターゲティングの意味とは

「オーディエンスターゲティング」の意味は以下の通りとなります。
(1)Googleが導入しているサイトへの履歴データなどから個人に合わせた広告を配信する手法。
(2)性別や年代に興味事項や行動履歴といった一人ひとりに合った広告を配信して、従来の広告よりも購買意欲や関心を高める事ができる。
”オーディエンス”は「観客」「聴衆」「読者」など、”ターゲティング”は「的」「標的」「マーケティング用語でターゲットを絞り込んだ戦略」で、広告対象に沿ったネット広告を出す手法が「オーディエンスターゲティング」です。過去のサイト閲覧や買物購入といったネット履歴からその人に相応しい広告を出し続ける事で、他の人にはまた別の広告が出されます。要するに、ユーザー情報を元にした一人ひとりに合わせた独自広告という非常に画期的な手法で、これを編み出したのがGoogleになります。よって、「オーディエンスターゲティング」=「Google」なのですが、マーケティング業界や広告業界ではあまりにも定着をしているので、最近では「オーディエンスターゲティング」がネット広告の代表的な手法となっています。従来のテレビCMや新聞広告などよりも費用対効果が高く、またネットなのでリアルな情報分析も可能とする事から多くの企業が「オーディエンスターゲティング」に頼っています。因みにYahoo!の場合は同様の広告手法を「オーディエンスリストターゲティング」や「オーディエンスカテゴリーターゲティング」と名称を少しだけ変えています。

オーディエンスターゲティングの由来

「オーディエンスターゲティング」は2007年頃にアメリカでデータ分析として用いられ始め、その後Googleが本格的に導入を開始しました。

オーディエンスターゲティングの文章・例文

例文1.どうも興味がない広告ばかりが表示されると思ったら、俺が留守の間に弟が勝手にパソコンを使用している事が発覚し、オーディエンスターゲティングがこんな役割を果たす事もあるようだ。
例文2.その内に閲覧データから近日中に必要なものまでAIが予測してオーディエンスターゲティングで宣伝をする時代が到来するだろう。
例文3.オーディエンスターゲティングの更なる活用を企業が躍起になっている。
例文4.オーディエンスターゲティングの情報を「オーディエンスデータ」と言う。
例文5.ネット世界はさらに成長が期待されるので、今後はオーディエンスターゲティングだけでなく新たな広告手法が絶対に生み出される。
「オーディエンスターゲティング」の期待や解説めいた例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

オーディエンスターゲティングの会話例

  • 質問者アイコン

    いつも思うんだけど、どうしてサイトを開くと興味がある広告ばかりが出てくるの?

  • 回答者アイコン

    それはオーディエンスターゲティングが働いているのよ。

  • 質問者アイコン

    オーディエンスターゲティング? ネット広告の事だよね?

  • 回答者アイコン

    うん、そう。買物実績などの個人情報から最適な広告が表示されるシステムがオーディエンスターゲティングだよ。

知人男女が「オーディエンスターゲティング」について会話をしています。

オーディエンスターゲティングの類義語

「オーディエンスターゲティング」の類義語には、「行動ターゲティング」「BT広告」「インタレストターゲティング広告」「インタレストベース広告」「関心連動型広告」「ルックアライクターゲティング」などの言葉が挙げられます。

オーディエンスターゲティングまとめ

「オーディエンスターゲティング」は個人である消費者の様々な情報から最適な広告を配信する手法の事です。近年のネット広告の代表的な手法で、性別や年代や関心事に合わせているので大変効率が良く、また無駄な広告を配信しないメリットがあります。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事