オンプレミスで設計をされた建物

オンプレミス(on premises)

IT業界で長いこと働いている方は当たり前の様に知っていることだと思いますが、それ以外の方には馴染みがない言葉と言えるでしょう。今回この機会に知っていってもらえればIT業界の発展を知ることとなると思います。

[adstext]
[ads]

オンプレミスの意味とは

オンプレミスとは、IT用語でサーバーやソフトウェアなどの情報システムを使用者である企業や個人の使用者が管理及び設置し運用していくことです。つまり簡単にいうとサーバーやソフトウエアの自社運用のことです。今の時代はクラウドコンピューティングという形態ができたため、より手軽で簡単にサーバー調達することが出来る様になりました。このクラウドでの環境と今までの従来のものとの区別をつけるために従来の自社運用をオンプレミスと言う様になりました。オンプレミスはサーバーの調達に時間がかかり、維持のコストや初期費用が必要になります。オンプレミスで唯一メリットがあるとすればカスタマイズを自由に出来ることと言えるでしょう。

オンプレミスの由来

premisesという英語には建物、構内という意味があり自社に設置して運用することからオンプレミスという様になりました。

オンプレミスの文章・例文

例文1.オンプレミスとは別にクラウドコンピューティングという形態が存在する。
例文2.オンプレミスは少し時代遅れの様な気がする。
例文3.オンプレミスだと物理サーバーを自社に設置しなければならない。
例文4.オンプレミスとクラウドの比較は重要である。
例文5.オンプレミスは初期費用が高い。
オンプレミスがクラウド化していったことで世の中がより便利になっていると言えます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

オンプレミスの会話例

  • 質問者アイコン

    ITの会社で企業しようと思っているんだけど、クラウドかオンプレミスかどちらにするか迷ってるんだよね。

  • 回答者アイコン

    今の時代だったらクラウドコンピューティングが普通に無難なんじゃない?初期費用の面でも全然お手頃だよ。

  • 質問者アイコン

    やっぱりそうだよねー。クラウドコンピューティングって便利だねー。

  • 回答者アイコン

    ほんと便利な世の中になったよね。

サバーを管理し運用することが今までどれだけ大変だったかわかりますね。

オンプレミスの類義語

オンプレミスの関連語には、「自社運用」「クラウドサービス」「サーバー」などがあります。

オンプレミスまとめ

この様にオンプレミスとは別にクラウド上でいろいろなサービスができる様になったことでITの世界がさらなる発展を遂げたことがわかります。重要なのはこのような仕組みのおかげでたくさんの人がレンタルサーバーなどを利用できる様になったことと言えるでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事