オマージュした作品を読む男性

オマージュ(hommage)

マージュとは、芸術の世界や音楽の世界において、好きな作家や作品の作風に影響を受けて類似した作品を作ることを指す言葉です。今回はオマージュの意味や由来や例文、類義語などをわかりやすく解説します。

[adstext]
[ads]

オマージュの意味とは

マージュの意味とは、作家や作風の影響を受けてきた作品を作ると言うことです。
一般的にオマージュは、元の作品や作家に対する敬意や親和性があることが基準となり、尊敬のない作品はオマージュではなくパロディーとなってしまいます。その線引きは非常に曖昧ですが見る人によって異なります。

オマージュの由来

マージュの由来は、20世紀初めにジョージ・オーウェルが描いたカタロニア讃歌の中で、音楽に対してオマージュと言う言葉が盛んに使われたことから一般定着化したと言われています。

オマージュの文章・例文

例文1.ピカソをオマージュした作品が美術界で評価される
例文2.マージュとパロディーの線引きは紙一重だ。
例文3.リスペクトを持って作品に接することがオマージュには重要だ。
例文4.巷で盗作と騒がれている作品もリスペクトがあればオマージュとなった筈だ。
例文5.マージュと言われながらも、名作・大作と呼ばれる作品が数多くある。
マージュは何かに影響受けることを意味しているので、作品や作風についての例文が多くなります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

オマージュの会話例

  • 質問者アイコン

    今話題の映画を見に行ってきたんだけど、1970年代の作品のオマージュで哀愁を感じる作品だったよ!

  • 回答者アイコン

    私も見に行ったよ!あの時の時代背景がわかる素晴らしい映画だったよね。

  • 質問者アイコン

    作品自体は素晴らしかったし、元となっている昔の映画も見てみなくなったよ。

  • 回答者アイコン

    オマージュのような形で使われると過去の作品にもまた注目が集まるよね。

映画作品が過去の作品をオマージュしたことによるもので、内容が素晴らしかったという会話になっています。

オマージュの類義語

マージュの類義語としては「インスパイア」「リメイク」「リバイバル」「トリビュート」「パロディ」などが挙げられます。

オマージュまとめ

マージュする事は、作品や作者芸術に対するリスペクトがあって初めて成り立ちます。過去の作品の良さを生かしながら良いところをさらに発展させていくものとなります。これだけ情報が溢れた世界になった今、オマージュすると言うのはそれほど難しくはありません。だからこそアーティストのモラルや美意識がより一層求められるのではないでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事