オカルトな模様

オカルト(occult)

化学の力が発展してきて、少し昔までは怪奇現象なんて呼ばれていたものが理論や理屈で片付けられるようになってきているから、化学の力はすごいですね。ただ、世の中にはまだまだ理屈で説明できないようなものが存在していて「オカルト」現象なんていう風にも呼ばれていたりします。そこで、「オカルト」という言葉の意味を解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

オカルトの意味

オカルトというと、幽霊やホラーといった恐怖心を書き立てるようなものを連想する人もいるかと思います。実は正確には違っていて、オカルトというのは科学では説明がつかない神秘的な出来事や超自然的なものを指す言葉です。もちろん霊的なものが科学的に説明がつかないのであればオカルトに当てはまる現象です。
オカルトの定義は時代の変遷や宗教において捉え方が違っていたりします。例えば、ニュートンが万有引力の法則を提唱した際には同年代の学者たちからはオカルトだとレッテルが貼られました。19世紀のヨーロッパにおいて、正統派キリスト教会の信仰とは異なる信仰はオカルトだという扱いを受けてきました。
このように、時と場所によって捉え方が変わってきました。

オカルトの由来

オカルトはラテン語の「occulere」の過去分詞系である「occulta(隠されたもの)」が語源となっています。目で見えないものや触れることができないものに対して使われた言葉であり、これに対しての知識の探求や知識体系のことを「オカルティズム」と呼びました。

オカルトの文章・例文

例文1.僕は科学では説明がつかないオカルトに興味がある
例文2.オカルトに対して恐怖心がある
例文3.オカルトなんてものは信じていない
例文4.世の中にはたくさんのオカルト研究者がいる
例文5.世界のオカルトを研究しようと思っている
オカルトに興味があるかないかは、その人の性格にも影響してくるでしょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

オカルトの会話例

  • 質問者アイコン

    昨日テレビでやっていたけど、科学で説明がつかないことってたくさんあるんだね。

  • 回答者アイコン

    そういうオカルトちっくなのって苦手。
    すぐに科学で解明できるようになるよ。

  • 質問者アイコン

    幽霊はプラズマだとか言うもんね。

  • 回答者アイコン

    なんかこじつけっぽいけどね。

会話の話題になっても、信じる信じないで別れるようなものですね。

オカルトの類義語

オカルトの中に含まれるような言葉としては、「錬金術」や「黒魔術」「超常現象」といった言葉はオカルトが持つ意味合いのそれに近いのではないでしょうか。

オカルトまとめ

オカルトといっても、その定義は範囲がとても広く奥深いものがあります。現代科学ではまだまだ解明できていないことが多いので、興味を持つ対象としていいのではないでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事