エンジェル投資家を募る

エンジェル投資家(angel investor)

投資用語はとても複雑で、分かり難い言葉を多く見かけます。今回は「エンジェル投資家」で、”天使の投資家”と訳せる事から、中身を知らなくても良い印象を抱く人が大半ではないでしょうか? 実際にも良い意味として使われますが、困っている企業(投資家)を助ける際に使われるとするなら、そこには苦しい状況が続き「エンジェル投資家」の出現を願っていた苦しい台所事情を勘繰る事も出来てしまいます。困っている企業や人が誰もいなければ、そもそも「エンジェル投資家」が活躍する場もなく、出現する必要もないのです。そんな「エンジェル投資家」について、詳しい意味や使い方などを解説させて頂きます。

エンジェル投資家の意味とは

「エンジェル投資家」は略して”エンジェル”や”ビジネスエンジェル”と呼ばれ、主に新規企業や知名度が低いベンチャー企業などに、裕福な個人投資家が資金提供をして支える行為となります。エンジェル投資家としては、東証などから個別銘柄を購入する感覚で、直接個別の企業に投資(応援)し、その見返りとして株式や社債を受け取ります。起業家や企業としては、資金量が乏しい際に助けてくれる「エンジェル投資家」は何よりも助かる存在で、一方の「エンジェル投資家」にとっても銀行などに預けるよりも利子が高く、また企業が成功した場合は大きなリターンも期待できるので、両者がWin-Winの関係となります。
しかし、応援した企業が倒産する場合もあれば、反対に「エンジェル投資家」が大口投資家となり経営方針に口を出す場合もあり、必ずしも良好な関係ばかりとは言えないのが実情です。

エンジェル投資家の由来

”エンジェル”は、天使という意味が一般的だが、それ以外にもパトロン、財政上の後援者という意味も実はあります。中でも財政上の後継者は、イギリスでは古くから演劇などが盛んだったので、それを支える裕福な個人投資家を総じて”エンジェル”と呼び、今でもその名残として、引き継がれています。
1978年、アメリカ・ニューハンプシャー大学のウィリアム・ウェッテル教授が、現在の企業に投資する個人投資家とする意味で「エンジェル」を使い始めたとされ、それが日本では「エンジェル投資家」となったとされています。

エンジェル投資家の文章・例文

例文1.エンジェル投資家はどれぐらいの個人資産を保有しているのだろう?
例文2.エンジェル投資家の助けがなければ、我が社は存続しなかった!
例文3.エンジェル投資家にはデメリットもあるのが、残念ながら現実だ!
例文4.裕福な個人投資家が集まり、エンジェル投資家のグループとして活動している場合もある。
例文5.エンジェル投資家の本場は何と言ってもアメリカになる!
裕福な個人投資家で、かつ企業に資金提供をする状態なので、現実には日本では少ないのも事実です。

エンジェル投資家の会話例

  • 質問者アイコン

    投資で頑張る個人投資家などを応援するのが、エンジェル投資家って言うんだよね?

  • 回答者アイコン

    確かそんな意味だけど、あしながおじさんみたいで憧れる存在だよね!

  • 質問者アイコン

    決めた、私も将来はエンジェル投資家になって、困っている投資家を応援してあげる!

  • 回答者アイコン

    でもその前に、投資を勉強したり取引で勝てるようにならないとね。

「エンジェル投資家」に憧れを抱く友人同士の会話内容です。

エンジェル投資家の類義語

「エンジェル投資家」の類義語には、「ホワイトナイト」「億り人」「ベンチャーキャピタル」などの言葉が挙げられます。

エンジェル投資家まとめ

裕福な個人投資家(エンジェル投資家)の投資先が、投資商品だけでなく新規企業に変わったとも見れますが、中には本当に助かった企業があるのも事実です。しかし、日本では起業する人が減少傾向となっていて、また「エンジェル投資家」を怪しい存在とする向きが多いのも事実です。エンジェル投資家の多くは、元起業家と言われているので、本来は自身がもう一度企業をするのが望ましいのですが、その状況が難しいので鞍替えしているとされています。今後は特定の裕福な個人投資家よりも、クラウドファンディングの様な不特定多数の大勢の個人投資家から応援される形が、日本では定着をするかも知れません。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事