エルダーたち

エルダー(elder)

「エルダー」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。元々のこの言葉の意味での使い方とは別に、最近はビジネス領域でもこの言葉が使われるようになってきました。そこで、この「エルダー」という言葉が持っている本来の意味や、ビジネス領域での使い方等解説をしたいと思います。

エルダーの意味

エルダーというのは、本来の英語の意味としては「年長者」や「先輩」という意味があります。ただし日本では「高齢者」や「シニア」といった意味の言葉としてとられています。本来の英語が持っている意味とは少し違っていますが、大筋の意味合いとしては同じと言っていいでしょう。
この言葉が近年ではビジネス領域でも使われるようになっています。その際に大きく分けて2つの使い方があります。
1.エルダー層=50歳以上の消費者や、活動に積極的な人を指して使われます。
2.エルダー制度=新人社員に対して実務の指導や、メンタルケアを行う先輩社員をあてがう制度です。
このように、その言葉をつ開く領域は広まりつつあります。

エルダーの由来

エルダーの言葉の由来は、上述した通りで本来の英語の「年長者」や「先輩」を指す言葉が、日本では高齢者を指す言葉につながっています。ビジネス面の「エルダー制度」に関しては本来の英語の意味で使われているようです。

エルダーの文章・例文

例文1.エルダーという言葉の本来の意味を学ぶ
例文2.我が社では新卒社員に対して、エルダー制度を設けている
例文3.エルダー層は重要な顧客だ
例文4.エルダーは人生経験があるから学べることが多い
例文5.私はエルダーを大切にしている
日常生活の中で頻繁に使う言葉ではないですが、何かしらの機会で耳にすることは多いでしょう。

エルダーの会話例

  • 質問者アイコン

    今日は月に1回の先輩社員とランチミーティングの日なんだよね。

  • 回答者アイコン

    そっか!今日エルダー制度のランチの日なんだ。
    なんか相談とかするの?

  • 質問者アイコン

    相談もするけど、どっちかっていうといつもゲームの話になるかな!

  • 回答者アイコン

    それでケアができてるんならよかったね。

エルダー制度としての言葉の使い方は、このような使い方になります。

エルダーの類義語

エルダー自体の類語としては、日本語の「高齢者」や「シニア」という使い方になります。エルダー制度に関しては「メンター制度」と同じ意味になります。

エルダーまとめ

エルダーという言葉について解説をしてきました。言葉自体は難しいものではありませんが、高齢社会が加速する日本においては耳にする機会は増えるかもしれませんので、正しく意味を理解しておく必要がありますね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事