エゴサーチ

インスタグラムやツイッターなどのSNS社会が定着化しつつある今、エゴサーチをおこなう習慣がおのずと付いている方もいるのではないでしょうか。エゴサーチにはどのような意味があるのか、正しい例文の使い方についてもチェックしていきましょう。

エゴサーチの意味とは

エゴサーチの意味とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを利用して、自分の名前や企業の評判を、客観的に知ろうとする活動のこと。エゴサーチを適切におこなうことによって、第三者の声に耳を傾けることができます。

エゴサーチの由来

エゴには自分・自我といった意味合いがあります。知るという意味の英語「サーチ」をかけ合わせた言葉がエゴサーチ。このような意味の言葉は外国にはなく、日本独自に生まれた和製英語となります。

エゴサーチの文章・例文

例文1.芸能人の多くが、定期的にエゴサーチをおこなっている
例文2.否定的に使われることが多いエゴサーチ、正しく使えば大きな武器となることもある
例文3.エゴサーチの省略語は「エゴサ」と呼ばれている
例文4.適切にエゴサーチをおこなうことによって、客観的な自分の価値に気付くことができる
例文5.大きな企業がエゴサーチをおこなうことで、小さな消費者のニーズをくみ取ることもできる
インターネット社会が当たり前となった今、個人や企業が正しい視点でエゴサーチをおこなうことには大きな価値があります。

エゴサーチの類義語

エゴサーチの類義語として当てはまるのが「自分探し」「自身検索」といった言葉です。どちらもパソコンやスマホなどIT系ツールで、自身の名前や会社を検索する行為を指しています。

エゴサーチまとめ

不特定多数の人が気軽にインターネット上に、書き込みやコメント・メッセージを投稿できる時代。エゴサーチに興味があるときは、検索ボックスに自分の氏名や企業名を入力するだけで、わずか数秒で世間の評価を知ることができます。
エゴサーチには否定的な意味合いもありますが、自分の置かれている状況を正しく知り、世間の声に耳を傾けることができる良いメリットもあります。インターネット上の意見すべてを鵜呑みにすることはできませんが、こうした意見やコメントもあるのだと大らかな気持ちで物事を受け止められるようになったとき、ビジネスチャンスのヒントがエゴサーチ上に眠っていることもあります。誹謗中傷を恐れず広い気持ちで接することが、エゴサーチと上手に付き合うためのヒントといえそうです。

この記事を読んでいる人に人気の記事