エクスポージャー(Exposure)

「エクスポージャー」とは「保有資産の中で市場の変動リスクに晒されている先物や株式などの総金額や割合」です。スマホ普及によって投資アプリが相次いで登場したり暗号資産もブームになるなど、以前と比べて圧倒的に投資環境が整い初心者でも気軽に始められるようになりました。その一方、投資にはリスクも伴うので企業やプロ投資家などは保有資産のうちどれぐらいがリスクの高い資産なのか非常に気にしていて、これを「エクスポージャー」と言います。

[adstext]
[ads]

エクスポージャーの意味とは

「エクスポージャー」の意味は以下の通りとなります。
 (1)英語表記「exposure」の直訳「晒す」「野ざらし」「露見」「暴露」などから、投資・証券用語で投資家や金融機関が保有する資産の中で変動リスクに晒されている総金額や割合。
 (2)企業などが保有する金融資産の中で株式や先物など変動が激しくリスクの高い資産の合計金額や割合で、現金や債券などは安全とされてリスクが低い保有資産となる。
「エクスポージャー」は英語表記「exposure」で直訳すると「晒す」「野ざらし」「露見」「暴露」などとなり、そこから「資産のリスクを晒す」という意味で使われます。これは一見すると分かりにくい専門用語ですが、要するに個人や企業がいくら資産を保有していても変動リスクの高いものばかりでは不安なので、どのぐらいリスクある資産を持っているかの総額や全体の割合を示しています。具体的には現金・預金・土地・債券などは安全資産と呼ばれる事からリスクに晒されていない「エクスポージャー」が低い保有資産となり、反対に株式・先物・為替・不動産・暗号資産などは儲けも大きいが変動が激しく損失も大きいので不安材料から「エクスポージャー」が高いリスク資産となります。株式の場合はリスクを承知でも大型銘柄なあどを保有する企業も多いので一概にリスクとは言い切れませんが、それでも万が一の事態を想定しておくべきなので特定の業種や銘柄だけを保有しないで、全体バランスや債券との保有割合などを意識して保有するのが一般的です。

エクスポージャーの由来

「エクスポージャー」は投資や証券業界用語として1970年代以降から使われるようになりました。その背景には、金融市場グローバル化によって様々な金融商品が登場して経済が活発となりましたが、同時に投資家もリスク管理から分散投資が主流となってリスクヘッジとして「エクスポージャー」の割合に大きな関心が持たれるようになったからです。

エクスポージャーの文章・例文

例文1.SNSで知った個人投資家の集いに参加したら見事にうさん臭い連中が集合していて、ワイン片手にエクスポージャー云々をあれこれと語っていたので、店員に仲間だと思われたら最悪なのでそそくさと退散した。
例文2.投資とはリスクを取らないと勝てないので、エクスポージャーで変動リスクが高いからと悪い訳ではない。
例文3.エクスポージャーとは要するにアメリカ経済や景気次第のところがあり、結果として時代に応じて変化するとしか言いようがない。
例文4.もはや投資もAIが取引する時代なので、リスクに晒されているエクスポージャーなどもいくら頭でっかちな企業の投資部門があれこれ会議で模索しても無駄でしかない。
例文5.ネット世界には株やFXで儲けたと大法螺を吹聴する偽成金投資家で溢れ、その多くは手法よりも自分の顔をアップにした勧誘からの宣伝目的なのだから呆れるが、この人達にエクスポージャーの忠告を求めても時間の無駄である。
「エクスポージャー」を使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

エクスポージャーの会話例

  • 質問者アイコン

    これ見てくれる。今月は株価が順調に上がっているから、合計評価額が…。

  • 回答者アイコン

    えーー。ついに大台突破じゃない!

  • 質問者アイコン

    声が大きいって。スタバの中だよ! でも、これも全部キミのお陰。いつも俺の事を支えてくれて…。

  • 回答者アイコン

    これだけ増えたら、これからはエクスポージャーを見直してもっと堅実で確実に増やしていきましょうよ。ほら、先物なんて持っていたらアブナイって早く処分しないと。

スタバ店内で保有資産について会話をする富裕層夫婦という内容です。

エクスポージャーの類義語

「エクスポージャー」の類義語には「投資リスク」「不確実性」「変動制」「損失リスク」「破産確率」などの言葉が挙げられます。

エクスポージャーの対義語

「エクスポージャー」の対義語には投資のリスクを少なくするとして「リスクヘッジ」「ヘッジ」「リスク管理」「リスクテイク」「リスクマネジメント」「リスク回避」「資産管理」などの言葉が挙げられます。

エクスポージャーまとめ

以上が保有資産の中でリスクに晒されている総金額や割合となる投資用語「エクスポージャー」についての解説でした。投資とはリスクを取らないと儲けられませんが、だからと言ってあまりにもリスクが高い投資を積極的になるのも危険なので、そのバランスを取るにもどれぐらいのリスク高い資産があるのか把握するのは大変重要な事です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

Checkmateのサービスを紹介する広告です。
この記事を読んでいる人に人気の記事