ウォームビズをする

ウォームビズ

夏の省エネやエコ運動の一環として行われるものと言えば、「クールビズ」がありますね。その逆の季節である冬には「ウォームビズ」と呼ばれるものがあるのは知っているでしょうか。このウォームビズがどういうものなのかについて解説をしていきたいと思います。

ウォームビズの意味

ウォームビズというのは、クールビズの秋冬バージョンという感じで、過度に暖房に頼るのではなく、摂取20度くらいの設定温度でも暖かく快適に過ごすことができるような環境づくりを指したものです。ちなみに服装に関しての推奨もあり、男性のスーツに関してはジャケット・ベスト・スラックスのスリーピースが好ましいとされています。この活動に伴い、衣服業界ではスリーピーススーツやベストやニットといった衣料の販売が促されました。
また、食事による観点からもより体温が上がるようなものを食することが促され、ホットドリンクや土鍋を使った料理が推奨されました。

ウォームビズの由来

ウォームビズは2008年の夏に環境省が秋冬向けのクールビズということで打ち出した施策になります。内容としてはクールビズと同じで、二酸化炭素の排出の増加を抑えるところにあります。

ウォームビズの文章・例文

例文1.ウォームビズを意識してスリーピースを着る
例文2.このお店はウォームビズに配慮している
例文3.ウォームビズのために今夜は鍋を食べよう
例文4.ウォームビズに気を使って暖房を20度に設定する
例文5.みんなでウォームビズに意識しよう
限定的な言葉ではあるので、使用用途の幅としてはそんなに広くないでしょう。

ウォームビズの会話例

  • 質問者アイコン

    これからだんだん寒くなっていくから、暖房を強くしようよ。

  • 回答者アイコン

    暖房は20度くらいにしてね。
    環境のためにウォームビズにも意識しなきゃ。ちなみに今夜は温まるようにチゲ鍋だからね。

  • 質問者アイコン

    そういうことなら協力するよ。寒ければ着ればいいしね。

  • 回答者アイコン

    そうだよ。環境のためになるなら少し暖かめの服も買っていいから。

暖房の温度を下げて厚着をする方が環境にとってはいいでしょう。

ウォームビズの類義語

ウォームビズの類義語としてあげられるのは、もちろん「クールビズ」です。クールビズについては知っている人の方が多いでしょうが、春〜夏にかけて冷房の温度を上げるなどして環境へ配慮する取り組みです。

ウォームビズまとめ

ウォームビズについてここまで解説をしてきました。環境への意識は一人一人が行なっていかなければならないことなので、是非ともその言葉の意味とともに今一度考えてみてください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事