ウィット感あふれる女性

ウィット(うぃっと)

今回解説する言葉は「ウィット」です。皆さんはこの「ウィット」という言葉を聞いた事がありますか?ビジネスシーンでは良く使われる言葉ですので覚えておくと良いでしょう。

[adstext]
[ads]

ウィットの意味とは

「ウィット」とは、言い換えると一休さんのような頓知の事です。
気の利いた返しが出来たり、機転の利く人を表したりする時に使います。
他にも機知、理知、理解力などを表す言葉となっていますが具体的な意味は例文を見るとわかりやすいでしょう。

ウィットの由来

ウィットは英語の「wit」からそのままの意味で来ています。

ウィットの文章・例文

例文1.ウィットに富んだ冗談を良く言う人だ
例文2.進行役がウィットを交えて話すことで緊張がほぐれて良い会議になった
例文3.ウィット感のある新人に期待する
例文4.彼はウィットに富んだ発言が多くて面白い
例文5.ウィット感のある新商品の開発が進んでいる
ウィットとは、人だけでなくモノに使われることもあります。オシャレや、才能があるというような意味が含まれている事が多いと覚えておくと良いでしょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ウィットの会話例

  • 質問者アイコン

    1回目の会議をしたときあんまり意見が出なくて再会議が決まったんだよね。

  • 回答者アイコン

    あら。そうなの?メンバーは変えて行うの??

  • 質問者アイコン

    ううん。そのままだと思う。何か考えていかなきゃ。。。

  • 回答者アイコン

    なら、彼を会議招集すると良いわ。彼はウィット感があって質の良い会議をスムーズに進められるわよ。

昔は、皮肉を込めた意味で使われる事もありましたが、今では基本的に良い意味で使われます。

ウィットの類義語

ウィットの類義語としては、
「ユーモア」「シャレ」などがあげられます。

ウィットまとめ

今回は「ウィット」について解説しました。ビジネスシーンで知らないと会話の内容が理解出来ないなんてこともありますからしっかりと意味を覚えておくことをオススメします。皆さんの周りにもウィットを交えた会話が得意でウィットに富んだ発言をするウィット感のある人はいますか?

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事