インフラ設備が行き届いた社会

インフラ(infrastructure)

インフラは今や当たり前の様に日常生活やニュース、新聞などでも使われる様になっていますが、その言葉の意味や語源や由来まで理解をしている人は多くはないのではないでしょうか。今日はインフラという言葉の意味や由来をわかりやすく解説をしていきます。

インフラの意味とは

インフラの意味とは、主に、道路・電車・水道・ダム・通信設備・電力・ガスなど「産業の基盤となる施設」を指しています。他にも病院・学校・公園・福祉施設など「生活の根本を支える施設」も指しており、生活に欠かせない設備や施設と捉えると分かりやすいでしょう。
そのため、現代では非常に多岐にわたり、インフラ構築がなされており、それと同じ分だけインフラ設備の改修や修繕なども必要になっている事が日本全体としての課題ともなっています。

インフラの由来

インフラの由来ですが、英語表記では「infrastructure」となり、日本語の意味としては下支えするものとなります。
こういったインフラ設備の整備を始めたのは、古代ローマであると言われています。道路や水道など現代では当たり前に整備されているものを、国家として整備し、近代国家の礎となりましたが、最終的はローマ帝国の末期にはインフラ設備の維持費のコストが嵩んだことで財政危機を招き、結果として軍事力の低下が滅亡の一因ともなったとされています。

インフラの文章・例文

例文1.現在、日本ではインフラの老朽化が急速に進んでいる。
例文2.私たちの生活はインフラに支えられて成り立っている。
例文3.現代社会において、通信インフラは必須ともいえる。
例文4.業務効率化には社内のインフラ整備がかかせない。
例文5.インフラはインフラストラクチャーの略称である。
他にもインフラが用いられる言葉として、交通インフラ、水道インフラ、ITインフラ等があります。

インフラの会話例

  • 質問者アイコン

    最近、ガスの料金が安くなったんだけどどうしてなんだろう?

  • 回答者アイコン

    それはね、インフラ業界で企業の競争が激しくなることで、価格やサービスの質が向上したからなんだ。

  • 質問者アイコン

    そうなんだ!ということは、電気料金の価格競争も激しくなってくるのかな?

  • 回答者アイコン

    そうだね。インフラにはまだまだ改善の余地があることが、今後さらに分かってくる時代だね。

電力市場・ガス市場といった、今まで既得権益の中で価格競争が生まれにくなったサービスも規制緩和による新規参入に伴い、価格面での競争がなされる事になり、そういった意味でも消費者にとってはありがたい事と言えるでしょう。

インフラの類義語

「インフラ」の類義語には、「産業基盤」や「社会基盤」、「交通基盤」があります。

インフラまとめ

ここまで、インフラのそもそもの意味や定義を解説してきました。私たちの生活や仕事もインフラがあってこその話です。特にビジネス・仕事では、自らの仕事が何によって成り立っているかを知っておくことが大切になります。ぜひ「インフラ」の意味や定義を抑えておきましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事