インパール作戦(Operation Imphal、Operation U-Go)

インパール作戦」とは「第二次世界大戦下での日本軍によるインド進攻の作戦名」です。若い年代は想像できないでしょうが、80年ほど前の日本は軍国主義で現在の北朝鮮やイスラエルのような存在だったのです。軍事力で他国を侵攻するのが是として、その為には新聞などのメディアは嘘を書き連ねて国民をコントロールしていたのです。そんな時代を象徴する出来事の一つ「インパール作戦」について、解説をさせて頂きます。

[adstext]
[ads]

インパール作戦の意味とは

インパール作戦」の意味は以下の通りとなります。
(1)第二次世界大戦の日本軍によるインド進攻作戦の名称で日本側作戦名「ウ号作戦」の事。
(2)1944年3月から7月まで実施された東インド・インパールの攻略を目指す日本軍の作戦で、インドを植民地にしていたイギリス軍との戦いは日本の惨敗で、参加した約16万人の兵士の大半が無くなった事から現在は「史上最悪の作戦」と呼ばれている。
(3)戦時下における日本軍の負の歴史として、現在は無謀な計画や作戦の喩えでもある。
2021年は第二次世界大戦の太平洋戦争から丁度80年で、当時の実情を知る日本軍の元兵士なども超高齢で生存者も極僅かとなり、再び注目を集めているのが日本軍とイギリス軍が東インドで激突した「インパール作戦」です。正式には日本側の呼び名(作戦名)は「ウ号作戦」(うごうさくせん)で、1944年3月日本軍は当時のイギリス領インド帝国の北東部の主要都市インパールを攻略し、連合国の補給ルート分断を目指したが、駐留するイギリス軍の激しい反撃によって戦死者は約3万、傷病者は約4万、その後この地で亡くなった人も含めると約16万もの日本人兵士が亡くなりました。日本がここまで酷く敗戦した理由は様々ありますが、精神論だけを大事にして明確な作戦がなく、武器や弾薬なども人力で運べる程度の僅かしか持ち合わせておらず、さらに意志決定の上層部は、第二次世界大戦で敗退続きにも関わらず日本国内では勝利していると報道され、何が何でも東インドを陥落させるのが至上命令となり引けなくなったのです。このような事実から、現在は「史上最悪の作戦」「無謀な作戦」「無為無策の戦術」の喩えとして「インパール作戦」が使われる事もあります。要はそれぐらいこの時代の日本は軍国主義であり、精神論だけで戦争を繰り返す狂気のような空気が国全体を覆っていたのです。そんな時代を象徴する日本軍惨敗の戦争が「インパール作戦」です。

インパール作戦の由来

インパール作戦」の由来は上記の通り日本軍による第二次世界大戦下のインド進攻作戦です。”インパール”はインド東部のマニプル州の州都で、この都市名から名付けられました。

インパール作戦の文章・例文

例文1.結果論だが仮にインパール作戦で日本側が勝利したとしても、アメリカを筆頭とする連合国側を倒すのは不可能だったはずだ。
例文2.仕事で単調なミスを連続したら、上司から「インパール作戦の兵士だな」と笑われた。
例文3.インパール作戦の地は現在の東インドやミャンマーの国境地帯で、かつてのビルマ国付近でもある。
例文4.日本は戦後復興を果たし民主主義によって先進国の仲間入りを果たしたが、今でもインパール作戦を実行した指揮官のような権力者が世界中に散らばり独裁で国を牛耳っているのだから恐怖でしかない。
例文5.保守派や右派の前で日本を非難しインパール作戦をあざ笑うと大変な目に遭う。
インパール作戦」の解説や現在の国内外事情に合わせた例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

インパール作戦の会話例

  • 質問者アイコン

    明日は終戦記念日かー。

  • 回答者アイコン

    私達は戦後生まれだし戦争なんてテレビや映画の世界だから、普段は何とも思わないけど非常事態宣言が出されたり終戦記念日になると少しは考えるよね。

  • 質問者アイコン

    うん。平和で自由な生活を楽しめるのが一番だよ。もし戦争になって再びインパール作戦のような無茶な命令が出されても、途方にくれるよ。

  • 回答者アイコン

    インパール作戦って日本の歴史上の汚点とされる作戦で、何万人も兵士が亡くなっているんだよね。

終戦記念日を控えて夫婦が平和な日常や「インパール作戦」について会話をしています。

インパール作戦の類義語

インパール作戦」の類義語として日本軍の作戦名「竜巻作戦」「天号作戦」「和号作戦」「嵐作戦」などの言葉が挙げられます。

インパール作戦の対義語

インパール作戦」の対義語としてアメリカ軍やイギリス軍など連合国の作戦名「ダウンフォール作戦」「ノルマンディー上陸作戦」「ハスキー作戦」などの言葉が挙げられます。

インパール作戦まとめ

インパール作戦」は第二次世界大戦下における日本軍がインド東部の都市インパールを進攻しようとした作戦で、駐留するイギリス軍との戦闘は日本の惨敗となり結果的には16万人程度の日本兵が命を落とした事から「史上最悪の作戦」とも呼ばれています。現在は残された貴重な資料などから二度と過ちを犯さない負の遺産という位置付けであり、また最悪な作戦や計画の喩えとして「インパール作戦」が用いられたりします。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事