インシデント防止で説明する

インシデント(incident)

インシデント(incident)とアクシデント(accident)は医療現場では良く聞く言葉からもしれませんが、その違いや意味についてしっかりと理解が出来ているでしょうか。今日はその違いや意味や由来、重要性についても説明をしていきます。

インシデントの意味とは

インシデントの意味は、インシデントは事件であり、アクシデントは事故であります。分かりやすく言うと、影響を与えたか否かが、インシデントとアクシデントとの違いになるでしょう。
医療機関の例でいうと、とある看護師が受け持ちの患者さんに対して失念していたために投薬時間に投薬することを忘れていて投薬しなかった事故が発生した。この場合の例をインシデントと呼びます。
逆にアクシデントの場合としましては、とある看護師が受け持ちの看護師さんに、投薬時間に投薬をしたが、誤った投薬をしてしまい、医療事故に発展してしまったケースのことをアクシデントと呼びます。この場合でのインシデントの意味が一番わかりやすいと思われます。

インシデントの由来

医療機関によって、レベル0からレベル2までの無事故から極めて軽度の範囲で、インシデントが使用されていたことから始まっていると考えられます。ここから、事故に関連付けた場合、事故に巻き込まれがが無傷であった場合や、事件に巻き込まれて拉致されたが無傷であった場合等を指す場合に医療例を参考にして、日常の現場に応用された形であると考えられます。

インシデントの文章・例文

例文1.私は、採用されて数年が経過するベテランの看護師ですが、確認を怠ったために、担当する患者さんに対して、投薬をしないインシデントを発生させてしまいました。幸い患者さんからの申し出により気付くことができました。
例文2.インシデントを甘く見ていては、すぐに医療事故のレベルが上がっていく形になります。甘く見ていると、すぐにインシデントからアクシデントのレベルに移行してしまい、報告書を書くことになってしまいます。
例文3.今回は事件に巻き込まれる形になりましたが、幸い人質については、全員解放される形になり、私もその中の一人でありましたので、全く影響はなく、インシデントであったと言えます。
例文4.インシデントとアクシデントを考えた場合、無傷であった場合をインシデント、被害を受けた場合をアクシデントと考える。
例文5.私の看護師での経験では、まだ、数あるたくさんの事例の中でも、自分が犯した行為がインシデントの許容の中なのか、またアクシデントに分類されるのか分かりません。
インシデントについては、医療用語として使われる事も多いですが、最近はビジネスシーンでも「インシデントマネージメント」などと使う事もあるので、覚えておくといいでしょう。

インシデントの類義語

インシデントの類義語としては、間違えなく隣りあわせの「アクシデント」であると言えます。日常の事件や事故では、無傷であったか軽傷もしくは重要であった場合によってインシデントかアクシデントに分類分けされるような形になりますので、関係機関の方々については、抑えておきたい知識となります。
また医療の現場では、インシデントかアクシデントかを医療事故のレベル分けをする際に必ず分類分けされますので、しっかりと抑えておかなければならないポイントとなります。

インシデントのまとめ

インシデントは、私達が生活する日常にも常に影を潜めているような形になると思います。例えば、夫婦で揉み合いになり、どちらかが突き飛ばした際に、無傷であった場合は、インシデントになりますが、どちらかが突き飛ばして軽傷になった場合は、アクシデントに変わってしまいますので、普段の何気ないちょっとした喧嘩の中にもインシデントかアクシデントに分類される危険な状況が常に身を潜めている形になりますので、注意が必要です。また、医療分野においては、必ず患者さんと接する中で必須である言葉となります。

「インシデント集計結果・東京都病院経営本部」
過去に起こったインシデントの事例等に興味がある方は、上記の東京都病院が公表しているものがあるので、見てみて下さい。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事