インサイダー取引

インサイダー取引における問題は、株取引が電子化する以前から、事件として起こっていました。インサイダーはなぜいけないのでしょうか。そのあたりについても説明をしていきましょう。

インサイダー取引の意味とは

インサイダーとは、企業内部の事情精通者が、企業が決算報告を公示する前に、事前に自社株を購入したり、その他、企業内部の情報漏えいをもとに、第三者がそれを利用して、株の必ず上がる情報をもとに、不正株を買い漁る仕組みです。金融商品取引法に違反する事になります。

インサイダー取引の由来

インサイダー取引は、株価が上場されている仕組みでは、公の株主に均等に情報が正確に伝達されなくてはなりません。そして、その株価を左右する企業広報が発表され、それを発表前に不正に情報取得をすれば、企業の内側の陰謀として、また証券取引場を撹乱する行為として、摘発されます。インサイダー取引は法律違反です。

インサイダー取引の文章・例文

例文1.インサイダー取引は新聞沙汰になると、株価だけの問題ではなくなる
例文2.インサイダー取引を行うことで、企業は失墜する
例文3.インサイダーの首謀者は企業内部に入り込む
例文4.インサイダー取引関連の書物には、かつての不正企業が列挙されている
例文5.新聞沙汰にならない企業名がインサイダー取引にはありそうである
インサイダー取引については、情報漏洩の観点と企業ブランドの維持の為には絶対にあってはならない事であり、特に吉備石目が向けられています。

インサイダー取引の類義語

インサイダー取引の類義語は、不正取引と言われます。証券を扱う取引所では随時確認しています。

インサイダー取引まとめ

インサイダー取引の方法は、株価を扱う自社役員が絡むことも有り、第三者が内部情報を無理に隠れて公開させて、利ざやを漁るケースがほとんどになります。企業告知の後で、そのプレスリリースをもとに株の購入を検討するのであれば、問題ありません。株価情報には公に展開される事が共益となるように、株式会社は株主に対して情報公開の責任があります。そして、それが公正で的確でなければなりません。

この記事を読んでいる人に人気の記事