アライアンス

ビジネス用語も最近は本当に多くなってきていますが、その中でもこのアライアンスも近年よくビジネスシーンで登場する言葉です。企業で働いている中では知らないといろいろなシーンで弊害がありますので、しっかり覚えておきたいと所です。

アライアンスの意味とは

アライアンスは英語表記だと「alliance」となり、直訳すると同盟や縁組みといった意味になります。ビジネス用語としてのアライアンスは企業同士が利益を生む為の協力体制の事を指します。また協力して仕事をしていく事もアライアンスを組むと言ったりします。

アライアンスの由来

アライアンスの由来は、昔から外資系企業では使われていた様ですが、近年は業種を超えた協力関係を構築する事で新しいサービスや新しい変化が生まれる事が多くなり、その流れの中でアライアンスという言葉も徐々にビジネスシーンに浸透していきました。

アライアンスの文章・例文

例文1.アライアンスを組むことでシナジーが見込まれる
例文2.アライアンスによって、販売額が3倍への飛躍した
例文3.お互いを干渉せず、対等な立場でアライアンス契約は結ぶべきだ
例文4.アライアンスの代表例としてはJリーグのチケット販売が挙げられる
例文5.営業と開発の両社の強みをアライアンスで発揮していく
業務提携などの大きなものに限らず、契約書の中で相互の強みを生かしたアライアンス契約が昨今は増えてきており、開発部門や営業部門、サービス導入のノウハウ、製品品質など各社の強みを最大限生かす経営手法が取り入れられています。

アライアンス類義語

アライアンスの類義語としては「ビジネスパートナー」「業務提携」「共同出資」などがあげられます。

アライアンスのまとめ

代理店ビジネスもアライアンス契約と言えるかもしれません。開発した商品やサービスを販売店が企業やユーザーに販売していく手法は広く世の中で取り入れられています。特に代表例としてはサッカーのJリーグなどではホームチームの開催チケットをアウェー側のチームも自分のチームのサポーターに販売する事で相互の集客に力を尽くし、利益を確保する方法がとられています。
ただアライアンスをする上では双方にとってメリットや実益がなければ、アライアンスを組む意味がなくなってしまう為、慎重な経営判断が求められます。ビジネスシーンでは今後も広く使われる言葉なので、頭にいれておきましょう。

この記事を読んでいる人に人気の記事