アベノミクス

アベノミクスの導入により、株式市場の活性化され日経平均は大きく値をあげました。景気回復の大きな一歩として導入されたアベノミクスについて、説明をしていきましょう。

アベノミクスの意味とは

アベノミクスの意味は「abe」と「economics」を組み合わせた造語です。「abe」とはこの政策を導入した安倍晋三首相の事で「economics」は経済を表しており、意訳すると安倍首相の経済政策という言い方が出来ます。主なアベノミクスの柱として三本の矢を運営方針として掲げていました。「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」「民間投資を喚起する成長戦略」となります。これらを行った事でバブル崩壊後の失われた20年から脱却できたとも言われています。

アベノミクスの由来

アベノミクスの由来は朝日新聞が使った事から定着をしたと言われています。2012年に第二次安倍内閣発足時の柱として、このアベノミクスが発表された。また第一次安倍内閣時のアベノミクスは財政支出を削減して、規制緩和による成長力の高まりを狙う小泉構造改革を踏襲しており、第一次内閣と第二次内閣のアベノミクスでは全く性質が違うと言える。

アベノミクスの文章・例文

例文1.アベノミクスにより、日本の株式市場は活発になり日経平均は大きく値上がりした
例文2.アベノミクスは成長戦略を掲げ、デフレ脱却を目指した
例文3.安倍晋三首相の名前からアベノミクスと言われている
例文4.アベノミクス発表当時はレーガノミクスをもじったものと揶揄された
例文5.アベノミクスは流行語大賞も受賞している
アベノミクスと一言でいっても、色々細かく分かれており、大きな衝撃と変化を期待させるものでもありました。

アベノミクスの類義語

アベノミクスの類義語としては「レーガノミクス」や「トランプノミクス」があげられるでしょう。

アベノミクスまとめ

現在、日本の景気は緩やかながら回復傾向にあり、堅調に推移をしています。バブル崩壊後の失われた20年から脱却できたと評価がある一方で、経済政策については一定期間をおいてからの現状や未来を見据えた評価が必要となります。来年には消費税増税も控えており、今後の経済政策もしっかりと動向を追っていきましょう。

この記事を読んでいる人に人気の記事