アナリストが討論して方針を決める

アナリスト(あなりすと)

私たちが生活している中で、「○○アナリスト」という言葉をテレビで見る機会がありませんか?しかし、「アナリストって何?」と説明を求められると困りませんか?そんな、あなたに「アナリスト」について解説していきます。

[adstext]
[ads]

アナリストの意味とは

「アナリスト」とは、分析家または、評論家の事を言います。語源は英語で「analysis(アナライシス)」で分析という意味を持っています。例えば、Webに詳しい人を「Webアナリスト」と言います。

アナリストの由来

語源は英語で「analysis(アナライシス)」で分析という意味を持っています。元々は、証券アナリストが有名でした、その中でもセルサイドアナリスト(証券を売る人)とバイサイドアナリスト(証券を買う人)に分かれており、 有価証券報告書に沿って調査、会社へのインタビューをした後に証券の価値を評価し、レポートにまとめることが主な仕事でした。 このまとめられたレポートをアナリストレポートと呼びます。昨今では、IT化が急激に進歩・進展したおかげで一般知識はインターネット上で誰でも入手できるようになりました。 そのため、スポーツアナリストや自動車アナリスト、フードアナリストなど、さまざまな専門性に特化したアナリストが誕生しています。

アナリストの文章・例文

例文1.高校の同級生が自動車アナリストになったそうだよ。 例文2.証券アナリストになることを夢見ている。 例文3.サッカー経験を生かして、スポーツアナリストとして活躍している。 例文4.その案件は専門分野外だから、アナリストにお願いする方がいいと思う。 例文5.アナリストになるには、勉強が必要だ。 企業でも、優秀なアナリストがいることが成長するためには不可欠と言えるでしょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

アナリストの会話例

  • 質問者アイコン

    今度の企画自分達だけでできるかな?かなり専門的だね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。自分たちで勉強しても間に合わないから、アナリストを探すしかないね。

  • 質問者アイコン

    アナリスト?どうやって探すの?

  • 回答者アイコン

    友人に企画内容にあったアナリストしている子がいるから聞いてみるよ。

アナリストは会社、企画を左右する存在になり、命運を託す存在となりますので、探す際には慎重になった方がいいかもしれませんね。

アナリストの類義語

「アナリスト」に関する言葉で、「専門家」「知識人」「研究者」などが挙げられます。

アナリストまとめ

「アナリスト」とは、何かを専門的に追及する人の事です。現在は専門性に特化した人材を重宝される時代になってきています。これから何かを目指す人は「○○アナリスト」を目指しても楽しいかもですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事