アテレコ(あてれこ)

「アテレコ」とは「ドラマやアニメ作品などで、俳優や声優が完成した映像やキャラクターに合わせた声の演技を収録する方法」です。一見すると声だけの演技は簡単だと思いますが、感情を声のみで表現するのはとても難しく、特に人気の漫画作品でファンが多いと主人公のイメージを壊さずに「アテレコ」をするのは本当に大変な作業だと言われています。だから、イメージ通りだとそのアニメ作品は大変な評判となり、今では声優を職業として希望する若い人も年々増えています。それでは「アテレコ」の解説をさせて頂きます。

[adstext]
[ads]

アテレコの意味とは

「アテレコ」の意味は以下の通りとなります。
(1)映画やアニメなどで、声優や俳優が直接演じないキャラクターに声を当てて録音する事。
(2)元々は「アフターレコーディング」の略である「アフレコ」から派生した言葉だが、近年は同義扱いとなり、完成した映像に合わせて後から音声を録音する事。
”アテ”は「”当てる”の略」、”レコ”は「”レコーディング”の略」で、映画やドラマやアニメなどで俳優や声優が台詞である声だけを後から録音する事を元々は「アフレコ」と呼んでいて、そこから派生したのが「アテレコ」です。「映像に台詞を割り当てる」ので「アテレコ」となったと言われ、近年は「アフレコ」も「アテレコ」も同義扱いですが、通常は「アフレコ」の方が一般的であり広く使われています。ドラマなどの撮影現場では、音声が上手く録音できない場合もあるので、それを補う為に後から専用スタジオで声だけを録音するのが「アテレコ」です。また、洋画など外国作品を日本語などに吹き替えたり、アニメやバラエティ番組なども「アテレコ」がするのが日常的になっています。よって、ドラマや声優など芸能関連の専門用語の一つであり、最近ではユーチューバ—など動画制作の現場でも用いられる言葉となっています。因みに類似の言葉である「プレスコ」は声を先に録音して後から映像を作り上げる手法で、正式には「プレ・スコアリング」(prescoring)と呼ばれる言葉を略したものです。

アテレコの由来

「アテレコ」の由来は上記のように「アフレコ」から派生した言葉となります。その「アフレコ」の歴史として、日本初のアフレコ作品は1956年に日本テレビで放送されたアメリカテレビ映画「ジャングル・ジム」です。

アテレコの文章・例文

例文1.将来の夢はアニメの声優としてアテレコだけで食っていけたら、こんなに最高な人生はないだろう。
例文2.俳優は演技だけでなくアテレコも達者でないと今は難しいようだ。
例文3.人気のアニメ作品はアテレコをする声優のレベルが高いのも理由となっている。
例文4.声優の専門学校では日夜アテレコに励む学生で溢れている。
例文5.ドラマやバラエティ番組を観ていると、似たようなアテレコがあまりにも多くてイライラする。
一般的な「アテレコ」を使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

アテレコの会話例

  • 質問者アイコン

    今日は深夜までアニメを観ていたから、眠くて眠くて…。

  • 回答者アイコン

    眠くて仕事にならないって? いつも仕事にならないじゃない!

  • 質問者アイコン

    おいおい、それを言うなよ。厳しいなー。それよりアニメ映画の○○は絶対に観た方がいいよ。これまでのアニメ界を劇的に変える名作だから。

  • 回答者アイコン

    どうせアテレコをする主人公の声優が可愛いとか、そんな理由で絶賛しているだけでしょう?

アニメをこよなく愛する職場の男性が同僚女性とアニメの話をしています。

アテレコの類義語

「アテレコ」の類義語には、「口パク」「音声別録」「音声別録り」などの言葉が挙げられます。

アテレコの対義語

「アテレコ」の対義語には、「プレスコ」などの言葉が挙げられます。

アテレコまとめ

「アテレコ」は「アフターレコーディング」の略である「アフレコ」の事で、完成したドラマや映画などの映像作品に後から音声を録音する事です。アニメブームの昨今は声優の卓越した表現としても知られ、「アテレコ」の技術によって作品が一段と輝く事も数多くあります。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事