アセンブリ

技術の発展とともに我々の身近なところにコンピュータがあるのは当たり前になってきました。アセンブリについて知っておくことはプログラマの人でもそうでない人でも損ではないので是非知っておくといいでしょう。アセンブリはアセンブリ言語と呼ばれることがありますが、アセンブリとは一体どのようなものなのでしょうか。

アセンブリの意味とは

アセンブリとはCPUが理解できる機械語に変換する前のプログラミング言語のことを指します。CPU(中央演算処理装置)は人間の扱っている言語が理解できないのでそれを機械がわかるよう変換する必要があります。アセンブリに分類するプログラミング言語は機械語と一対一に対応しており、アセンブリをCPUが理解できる機械語に変換することをアセンブラといいます。

アセンブリの由来

アセンブラは「assembly」という単語から名付けられているそうで、意味は組み立て品という意味を持ちます。元々、CPUに処理命令を出すために機械語を人間が書くのは大変だったことから、機械語に対応したプログラムを記述することが考えられたそうです。そこで誕生したのがアセンブリです。

アセンブリの文章・例文

例文1.アセンブリをアセンブラにして機械が理解できるようにする
例文2.アセンブリを人間がプログラミングによって作成する
例文3.機械語とはアセンブラされる前のプログラミングのことである
例文4.アセンブリを機械語に翻訳することをアセンブラという
例文5.アセンブリをアセンブラしてCPUに処理させる

アセンブリの関連語

アセンブリの関連語としては「アセンブラ」などがあげられます。

アセンブリまとめ

アセンブリは普段あまり認識されることはありませんが私たちを支える大きな技術です。アセンブリがあることによって普段私たちは簡単な操作で機械を操作することができます。また、アセンブリがあることによってCPUが理解できる機械語の命令を出すプログラムを作成することも簡単に行えるので非常に便利です。

この記事を読んでいる人に人気の記事