アセットマネジメント

アセットマネジメントとは不動産投資の世界でよく聞く言葉ですが、それほど一般に認知されている言葉ではないため今回説明をしていこうと思います。
不動産投資については1個人で全てを賄うことが難しい側面もありアセットマネジメントを使うケースが多くなります。

アセットマネジメントの意味とは

アセットマネジメントの意味は資産を効率よく運用すると言う意味で、英語表記だと「asset management」となります。assetは資産をmanagementが運用に当たります。
また主な使われ方としては投資用不動産などを所有者や投資家に代わって、仕事として運用管理を行うこととなります。不動産業界では投資用不動産の管理運用です。

アセットマネジメントの由来

1970年代後半にアメリカで生まれた考え方です。計画的に建物や施設そういったものを維持管理発展させることで有効活用し保有量を適正量とする狙いもあります。
日本では銀行や証券会社等が保有資産を元に顧客に対して、資産運用を提案する形でスタートしており、近年は不動産においても投資用不動産等が増え、専門に扱う業者も増えています。

アセットマネジメントの文章・例文

例文1.アセットマネジメントにおいては投資利回りが重要である
例文2.自分自身の資産をアセットマネジメントすることで有効活用する
例文3.不動産は素人で予定を出しにくい分野でありアセットマネジメントが重要だ
例文4.アセットマネジメントとプロパティマネージメントの違いを理解する
例文5.アセットマネジメント業者のしつこい営業は社会問題になりつつある
自分自身の資産についてはしっかりと考える必要がありまた自分自身の判断によって責任を持つ必要があるただアセットマネジメントを本業とする会社の中には悪質なところや顧客のメリットを考えないところもあるため十分に調査検討が必要である

アセットマネジメントの類義語

アセットマネジメントの類義語としては「プロパティマネージメント」「ファシリティーマネジメント」「RElT」が挙げられます。

アセットマネジメントまとめ

金融資産の管理については多くの人が頭を悩ませているところです。また金融資産をいかに増やしていくかという点も、今後重要になってくるでしょう。
金融資産の管理運用代行という煩雑な業務を代わりにやってくれるアセットマネジメントの会社については価値が高いものですが、
会社によっては顧客の利益相反につながる行為や、非常識な営業活動が横行しているところもありよく調べてから始めることをお勧めします。

この記事を読んでいる人に人気の記事