アジェンダ

ビジネス用語としても頻繁に用いられる言葉であり、その中でもこのアジェンダは近年よく耳にするビジネス用語です。働いている人は色々な場面で使うことがあり、知らないで恥ずかしい思いをしないように意味を知っておきましょう。

アジェンダの意味とは

アジェンダは議題、実行すべき計画、行動計画といった意味であります。英語での表記は「agenda」となります。直訳すると議題・日程・会議事項となります。アジェンダは会議やエンジニア同士での開発ミーティングなどで議題という意味で用いられます。会議の前に議題をまとめておく事をお願いする時もアジェンダという言葉を使います。

アジェンダの由来

アジェンダの由来については、元々は予定を意味する英語が語源であり、国際的な取り組みの行動計画として使われ始めてから、徐々に会議などの場で使われるようになりました。近年ではビジネスシーンでよく聞く言葉として普及しています。

アジェンダの文章・例文

例文1.会議のアジェンダをしっかりと把握しておく
例文2.事前にアジェンダを共有しておくことでスムーズな会議になる
例文3.今後のアジェンダを決める際に上司の意見を聞く
例文4.プロジェクトの成功の肝はアジェンダの共有にある
例文5.会議前に資料としてアジェンダを作成する
エンジニアミーティングでは事前にアジェンダをまとめておいてミーティングをするのが一般的です。

アジェンダ類義語

アジェンダの類義語としては「日程」「スケジュール」「予定」などがあげられます。

アジェンダまとめ

よくアジェンダとレジュメの使い方を間違えてしまう人がいますが、アジェンダはミーティングなどみんなで話し合う際に用いられる言葉で、レジュメは論文の内容をまとめたものや、講演会などで配布する資料のことをレジュメと言います。間違って「明日の会議のレジュメをまとめておいて」などと言わないように注意しましょう。

この記事を読んでいる人に人気の記事