アクセプトを貰えた場面

アクセプト(accept)

アクセプトとは「受け入れる」ということを意味した言葉になっています。相手からこれできそう?と聞かれて「アクセプト!」と答えれば「できますよ!」と返事をしたことになります。
今回はそんな「アクセプト」という言葉について、深く掘り下げてみたいと思います。

アクセプトの意味

アクセプトという言葉には他にも「受け付ける、容認する、信じる、甘受する、受諾する、引き受ける、認める、承諾する」といった意味も持ち、極めて端的に言えば「いい、OK」といったような二文字で置き換えて表現することもできる言葉となっています。

アクセプトの由来

アクセプトという言葉は英語で「accept」。元はラテン語のL.capereという言葉に由来しているとされています。このcapereという言葉は英語で表す「ぐっとつかみ取る」といった意味を持つcatchを表しており、ここから派生する形でacceptは「受け取る」という意味の言葉として成り立っていきました。

アクセプトの文章・例文

例文1.この案件、アクセプト取ってきて。
例文2.この案件に対してアクセプトが貰えないようだ。
例文3.知り合いにこの案件できるか聞いたところ、快くアクセプトしてくれた。
例文4.YESマンの彼は頼んだことは大抵アクセプトしてくれる。
例文5.論文のアクセプトを貰いに行く。

アクセプトという言葉は承認という意味がメインで扱われるため、どちらかというと論文などの受諾確認に使われるケースが多い言葉です。

アクセプトの会話例

  • 質問者アイコン

    昨日部長に提出した資料、アクセプト貰えましたー!

  • 回答者アイコン

    よかったですね!

  • 質問者アイコン

    ありがとうございます。最初は本当にどうすれば受諾してもらえるのかわからないほどだったので、安心しました。

  • 回答者アイコン

    確実にOKしてもらえるかわからない時ってすごく不安になりますもんね。

アクセプトという言葉は「許可された」という場面で用いられる機会が一番多い言葉かもしれません。

アクセプトの類義語

アクセプトの類義語としては、「受け入れる(うけいれる)」、「つかみ取る(つかみとる)」などが挙げられます。

アクセプトまとめ

アクセプトしてもらえるか100%の見込みは持てないものを提出する時というのは、よく悪くもドキドキしてしまうものかもしれませんし、普通に却下されてしまうケースも沢山あるかもしれません。
それでもアクセプトしてもらうために努力を重ね、アクセプトしてもらおうと行動を起こすことができた、その時点で人としては充分成長できているものと言えますよね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事