アウトローな人

アウトロー(Outlaw)

アウトローと聞くとどのような人、状態を思い浮かべるでしょう。2012年にトム・クルーズ主演の「アウトロー」という縁がも公開されています。その印象や言葉の意味、雰囲気からほとんどの人がカウボーイやヤクザ、殺し屋などといった危険な人物を想像するのではないでしょうか。そのアウトローについて解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

アウトローの意味

法律による保護を奪われた人、法益剥奪を受けた人のことを言いますが、社会習慣から追放された人も含み、自分から主観的に「アウトロー」と認識しそう振る舞う傾向のある人もいます。

アウトローの由来

アウトローは英語で「Outlaw」と書き、意味は「無法者」「無法者と宣言する」「禁止する」という意味の言葉になります。日本ではそのうちの無法者やならず者という意味で使うことが多く不良の代名詞のような使われ方が広まっているようです。

アウトローの文章・例文

例文1.髪を染めただけで親はアウトローだと言い僕に対するあたりが強くなった
例文2.法律や規律に厳しいくせにアウトローをテーマにした漫画や映画は意外と流行る
例文3.アウトローに憧れる若者は多くて心配になる
例文4.先生は昔アウトローに近い行為をしていたことを今更後悔することばかりだとこっそり教えてくれた
例文5.アウトローな人ばかりいる通りに出てしまい慌てて引き返す
いづれもアウトローは法を無視する人、反社会的な人間という意味で使われています。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

アウトローの会話例

  • 質問者アイコン

    今流行ってる映画の影響でアウトローに憧れる人多いよな!

  • 回答者アイコン

    あなたももれなくその影響された人よね。
    なにその髪、急に刈り上げて不良みたいになってびっくりしたわ。

  • 質問者アイコン

    格好いいじゃん、だめ?

  • 回答者アイコン

    弱いくせにその風貌してたら無意味に喧嘩に巻き込まれそう。雰囲気だけならいいけど本当のアウトローな人にはならないでね。

アウトローに憧れて髪型を変えた男性と心配する女性の会話になります。

アウトローの類義語

ならず者、ゴロツキという意味の「無頼漢(ぶらいかん)」法を無視するものを指す「無法者」が類義語に挙げられます。

アウトローまとめ

今では法に触れなくても学校の授業に出ないとか頭髪の規定違反をするとかそういった素行不良な生徒などもアウトローという風に表すこともありますので必ずしも無法者やならず者というわけではなさそうです。映画やドラマではかっこいい人という風に映し出されるので憧れる若者は多いようですが実際はそれほどかっこいいものではありません。それどころかほとんどがL格好いいとは逆の意味に捉えられてしまいますので、アウトローとはどういうことなのかよく考えてみたほうがいいかもしれませんね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事