アウトラインをつくる

アウトライン(outline)

日本語に対して度々難しさを感じるのは、一つの言葉の中に複数の意味が存在していたり、異なるシーンにおいても活用手段があるからではないでしょうか。もちろん全ての単語がというわけではありませんが、誰かと話していて違和感を覚えるようなことは体験としてあるのではないでしょうか。そこで、複数の意味を持つ言葉である「アウトライン」という言葉について解説をしていきたいと思います。

アウトラインの意味

アウトラインというのはそのままの意味でとるならば、「外側の線」であったり「輪郭」という意味になります。ただし、上述したようにこの言葉にはシーンによってそのニュアンスが変わってきます。
・ビジネスシーンにおけるアウトライン=「あらすじ」のことを指します。
・デザインにおけるアウトライン=「輪郭」「大まかに描いた線」といったような下書きのようなイメージで使われます。
・テニスにおけるアウトライン=「外側の線」のことです。その線を越えるとボールアウトとみなされます。
このように、シーンごとに多少ニュアンスは変わってきますが、言葉が持っている本来の意味から大幅にずれているわけではないので、なんとなくはわかるかと思います。

アウトラインの由来

アウトラインという言葉は、英語訳の「外側の線」や「輪郭」からそのまま使われている言葉になります。

コンコルド効果の文章・例文

例文1.今回の企画のアウトラインを教えて欲しい
例文2.ボールがアウトラインを越えてしまった
例文3.このデザインのアウトラインを描いて欲しい
例文4.このアウトラインに沿って企画を進めて欲しい
例文5.このアウトラインは作り直しだ
営業やバックオフィス側の仕事、クリエイターとしてデザインに携わるような仕事をしている人はよく聞いたり使ったりするのではないでしょうか。

アウトラインの会話例

  • 質問者アイコン

    明日の会議で使う資料のアウトラインを作っておいたから、目を通しておいてね。

  • 回答者アイコン

    ありがとうございます!
    このアウトラインをもとに資料を作成すればいいんですね?

  • 質問者アイコン

    そうだね。期待しているよ。

  • 回答者アイコン

    わかりました!頑張って作ってみます!

会話例はビジネスシーンにおける使い方の一例ですね。

アウトラインの類義語

アウトラインの関連語としてあげられる言葉としては、「輪郭」や「あらすじ」はもちろんですが、「大体」や「大筋」といった言葉のあげることができるでしょう。

アウトラインまとめ

アウトラインという言葉に関して、ここまでまとめました。普段使うイメージとさほど離れてはいないと思いますが、使う際は意味を正しく理解して使うようにしましょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事