アウトバウンドで旅行している人

アウトバウンド(outbound)

アウトバウンドは「内から外に出る」という意味で様々な業界で使用されています。
昨今ではインバウンドという言葉をよく耳にしますが、アウトバウンドと聞くとわからないという方もいるのではないでしょうか。今回はそんな方のために様々な使い道を見てみましょう。

アウトバウンドの意味とは

アウトバウンドは各業界によって様々な意味を持ちます。観光業の使われ方として日本人が海外旅行をする際、アウトバウンドといいます。
また、自分から積極的に営業をしていくこともアウトバウンドといい、それに伴いアウトバウンドセールスやアウトバウンドマーケティングなんていう言葉でも表現されており、観光立国を標榜している日本にとっては、インバウンドと同様にしっかりと理解をしておきたい言葉と言えます。

アウトバウンドの由来

アウトバウンドは元々英語の形容詞です。英語表記では「outbound」となります。実際には直訳すると「外国行きの~」です。そこからビジネス用語として様々な業界で外来語として様々な意味を持つようになっています。

アウトバウンドの文章・例文

例文1.韓国経済は日本からのアウトバウンドのおかげで成り立っている
例文2.このコールセンターではアウトバウンド営業しか行っていない
例文3.自社ではアウトバウンドマーケティングを行い、成果を上げている
例文4.アウトバウンド消費とインバウンド消費のバランスが大切である
例文5.新規の顧客獲得にはアウトバウンドでのアプローチが重要と言える
業界によってニュアンスが変わるので、それぞれの業界における意味やニュアンスを正しく理解する事でスムーズにビジネスシーンでも使えるようになるのではないでしょうか。

アウトバウンドマーケティングの会話例

  • 質問者アイコン

    今度の連休に、ハワイ旅行一緒に行こうと思うんだ~<

  • 回答者アイコン

    羨ましいな~。最近、アウントバウンド観光客がとても多いらしいよ。

  • 質問者アイコン

    そうなんだー、どうせだったら人がいないところがいいよな~

  • 回答者アイコン

    日本と比べたら、きっとゆっくりできるから、しっかり骨休めしてきてください

この会話ではハワイへの観光客の意味でアウトバウンドという言葉が使われていますね。

アウトバウンドの類義語

アウトバウンドの類義語として、「外国行きの」、「国外向けの」 などが挙げられます。
また反義語としては「インバウンド(inbound)」があげられます。

アウトバウンドまとめ

「Outbound」と同じ意味でも使われますがアウトバウンドは外来語として日本特有の意味を持ちます。業界ごとにも独特な使い方がされるので分からない場合、相手に使い方を聞いてみることも大切です。ただ、本質的な意味さえ覚えておければ前後の文脈から読み解けることが多いのではないでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事